桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
確定申告
 今日は姉が休みだったので、一緒に確定申告に行ってきました。
 二人とも晴れ女のはずなのに、ライブのときといい、今日といい、雨なんてツイてない……。

 とはいえ、書類を提出するまではスムーズに終わったんです。
 しかし、帰ろうとしてガクゼン……。
 姉のお気に入りのプライベートレーベルの傘が盗難に遭いました。
 私の傘はあったんですが、骨が折れていました。ええ、一本見事にボッキリ泣き別れです。
 折りたたみ傘と普通の傘、立て続けに骨折れるなんて……過去の経験からして、二月はしばらく日常生活に不自由するような怪我をすることが多かったので、自分の骨が折れるよりマシですが。
 なるべく早く傘と財布を買わないと…。(私、機能性を含むデザインやサイズにこだわりがあるので、一目ぼれする傘や財布がすぐ見つかるといいんですけどねぇ……)

 結局この日は姉が盗難届けを出したいというので、おまわりさんを呼んで、会場の責任者に見取り図をもらって現場の写真を撮ったり、近くの警察に行って書類を作ってもらったりしました。

 なんか、若いほうのおまわりさんに「前にお二人を見たことがあるんですが…」と言われたんですが、地元のイベンター主催の同人誌即売会(今はもうありません)会場と同じなので、まさかそっち関係? とか思ったりもしたんですが……。
 よく考えたらずいぶん昔、そこの会場でやってた衣料品の展示即売会を覗いたとき、財布をスられたことがありましたよ。
 そのとき被害届を出したんだかどうだか記憶にないんですが、やっぱ普通に考えたら盗難届くらい出すよね?

 帰りがすっかり遅くなって、灯油も買うつもりだったのにスタンド閉まっちゃったし。
 なんかどーっと疲れました。
 
スポンサーサイト
【2008/02/26 23:51】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
御算用日記
 ホテルが経営しているコーヒーショップの割引券をもらったので、朝ご飯を食べるつもりで早めに出たら、日曜日は一時間開店が遅いみたいで閉まっていました。ガッカリ……。
 早めに東京駅に移動して、「Ferro Vie」という焼きたてパンのお店でいろいろパンを買いました。
 朝も、新幹線の中で食べたお昼ご飯もここのパンでした。
 すんごい美味しそうなパンがいっぱいで目移りしちゃったよ~。
 トルティーアっていう、ソーセージをクレープ生地みたいなのにまいてあるのが、食べやすくて美味しかったです。
 コロッケロールも普通に美味しかった。
 明太フランスは、食べにくいかと思ったけど、皮サクサク、中フワフワで硬くなくてかなり美味しかった。
 一番美味しかったのは、ハムが入ってるカマンベールパイ!
 クッキーシューも(カスタードがたっぷりで食べにくかったけど)甘すぎずくどくなくて美味。
 食べきれないから諦めたけど、メロンパンがいっぱいあって、特にバニラメロンが食べてみたかったよ!
 今度東京駅に行ったら、またここのパン食べたいです。

 新幹線が出るまで暇つぶしに本屋に入りました。
 駅の本屋さんって、品薄っっ!
 森永あい先生の「極楽青春ホッケー部9」以外買いたい漫画がなくて、一般向けの小説の背表紙を見ていたら、時代小説コーナーで大好きな六道慧先生の時代小説を発見!
 聖母探偵事務所シリーズやダイナマイト刑事シリーズ以降、どこで書いているのか判らなかったんですが、まさか時代小説に転向していたとは……。
 三冊目の「まことの花」が抜けていたのですが、御算用日記シリーズを三冊発見!
 主人公の姉君たちがアクが強くておもしろい!

 帰宅して、少しコタツでうたた寝したら、夕方には筋肉痛でだるくなっちゃって。
 とりあえず原稿はラストまで書いてから行ったので、今日はダラダラ本読んですごしました。
【2008/02/24 23:20】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
YOKOTA CLUB NIGHT 2008.2.23(sat)
五年三ヶ月ぶりにライブに行きました。
会場は東京の四ツ谷ブレイクアウト。ヨコタクラブナイトっていう、横田基地主催のライブイベントです。
私らのお目当てはもちろんNoBさんじゃなかった(笑)…オサムメタルです 。

この日は私も姉も3つずつ、災難に見舞われました。
①先ず、自宅を出る直前、私の財布の金具がついたところがブチッと切れてしまいました。 飾りの部分が壊れただけなので、そのまま持って行きましたが。え…縁起悪ぅ……。
②家を出る前は雨なんて降ってなかったのに、車に乗って走り出したら、ポツポツ降り出して、姉の会社の駐車場に車を置くと、いきなり横殴りのザーザー降りに…。おかげで私らのコートはビショビショ。今日下ろしたばかりの、裏地にファーがついているレザージャケットが、ハンカチで拭いたら絞れるくらい濡れちゃったじゃん。おまけに新幹線乗る頃には止んでるし…。
③駅に向かう途中、強風に煽られて私の傘が飛ばされ、ガードレールに引っかかって傘の骨が曲がりました。 気に入って常に持ち歩いていたプライベートレーベルの折り畳み傘なのに……ショック!
④四ツ谷駅の自動改札で、姉が入れた切符が詰まって閉じ込められました。
⑤ライブ中、姉の靴のヒールがボッキリ折れました… まだ履くの3回目だったそうです。

でも、ラッキーな事もありました!
まずはホテル。1時半に着いたのに、すでに部屋を用意してくれていたので、荷物を置いて、ゆっくりメイクを直したりできて助かりました。(チェックインは3時からなのにねぇ…)
ライブハウスに向かって2人で地図を片手にウロウロしてたら、前方から歩いて来たニット帽かぶった茶髪の男前が間近まで来て、「あぁっ…」って言いながら、肩の高さでヒラヒラっと手を振ってる(笑)
突然の事態に、すぐには状況把握できなくて、ポカン口あけて固まる双子姉妹(笑)
「あ~っ、NoB さん!!」
NoBさんの顔を認識した途端、ハイテンションで肩からボディアタックをブチかます姉(笑)
「何? 僕を探してたの?」地図を持ってるのに気付いて、「ライブハウス? あっち、あっち」って、方向音痴の双子姉妹は、NoBさんにライブハウスの方角を教えてもらいました(笑)
私ら、地図と周りの目印を照らし合わせるのに必死で、人の顔なんか見てなかったし、NoBさんに声かけてもらわなかったら、絶対、気付いてなかったよ~(笑)
「でも、よく分りましたね~」
「だって同じ顔してるもん」
…それはワシらがソックリって意味ですか?(二人同時に見れば似てませんよ?)
それとも五年前と変わってないって意味ですか?(腹回りが肥えて10キロ違いますよ?)
生のNoBさんとご対面するのは5年三ヶ月ぶりなのに、いくら双子が歩いてたからって、顔見てファンだと判るなんて凄いよ、NoBさん!!
私ら、ライブ行った時とか、なぜかよく外でメンバーとすれ違うことが多いんだけど。
(出待ち入り待ちしてるときならともかく、神戸ライブの翌日、近くの神社にお参りに行こうとしていたら、横断歩道でバッタリ…なんてこともありました)
たいてい気付くのは向こうのほうが先なんよね…(笑)
それにしてもNoBさん、全然変わってない…。 20代後半でも通るよ!!
あんな44歳、ちょっとおらんと思う…(笑)

で、ライブの整理券の早い番号を取るために並んでたとき、「今日は広島県から新幹線で来て、近くのホテルに泊まる」みたいな話をしていたら、元BLIZARDの寺沢さんがチラチラこっちを見ているような気がして…。
どうやら姉も、私がブレイクアウトの入口の隣にあるコーヒーショップにココア買いに行ってたとき、覗き込むようにジロジロ顔見られてたんだそうで…。
もしかして、NoBさんが外出先から帰ってきたとき、陽吾さんにでも『広島のキョーレツな双子が来てる』って話してたのかも。 GRAND PRIX時代は、私ら、メンバーの間で噂の的だったみたいだからなぁ…(笑)

当日、2時半くらいから並んで、整理券の番号は5番と6番でした。
いつも私たちは運が良くて、この日も最前列ヴォーカルのど真ん前でした(笑)
理由は、前の人が修さんファンで、ヴォーカルの真ん前を避けたのと、DJでANDYさんという人がいて、ボーカルの前にビールのケース裏返したようなお立ち台が据えてあって、カメラマンも入るかもしれないから、NoBさんの写真撮りたい人はこの位置を避けたことにあるようです。
ってか、GRAND PRIX時代(流石に3桁だった時はヴォーカル前の2列目だったけど)予約した順に入れて65番だったときも、姉はしっかりこの位置をキープしてたんだよね。私は姉の後ろで肩越しに顔出してた状態ですが…姉がモーレツに場所取り上手いので、チビッコでもステージがよく見えて助かります(笑)

この日、1バンド目は、『ZEN』というバンドでした。
久々のライブなので、周りの様子をうかがってたのと、体力を温存していたのでおとなしくしていましたが、サウンドはけっこう好み。何より、後から出てきたコーラス件バックダンサーのオネエチャン2人が良かった! 2人ともSMの女王様みたいなフェイクレザーのボンテージルックで…(笑)
向かって左側の、小柄でよく通る野太い声のミニスカのオネエチャンの胸の谷間と、向かって右側の、腹出しルックでショートパンツの美人系のオネエチャンの立派な太腿&プヨったウェストのお肉に目が釘付け(笑)
最前列、全員女の子だったから、他のお客さんはちょっぴり引いてましたが、私ら双子はキレイなオネエチャンも大好きなので、ウハウハものですた(笑)

2番手は『ELECTRIC WARRIOR』というバンドで、ちょっと前から姉が何やらゴソゴソしてると思ったら、ヒールが折れたらしく、何とか直せないかと試みていて、もう、ライブどころじゃありません。
水差されたのが、私は聴かないジャンルをやってるときだったからまだよかったけど。
でも、最前列でよそ事してる客がいたらやりにくいですよね。申し訳ない……。

結局3番手の『VAN HEYSAN』が出てきた時点で、諦めて裸足になったようです。
このバンドは、出てきた瞬間からインパクトありました。(ヴォーカルが、一昔前のハードロッカーが好んで着てたような、ワニっぽい型押しの真っ赤なフェイクレザーの衣装で、ロン毛のパッキンで、グラサンかけてて、いかにもアヤシゲなんですよ)
「ヘイサン」が「ヴァン・ヘイレン」をやるので「ヴァン・ヘイサン」なんだそーです。(笑)
サウンドも好みだし、「ヘイサンと遊んでくださいね」ってゆーMCもとっつきやすくて面白かったし、とにかくステージングが上手いです。 思わずノセられて楽しんじゃいました。
オサメタが出てくる前のウォーミングアップになったので、三番手がこのバンドでよかったです。
ちなみに、グラサン取ったヘイサンの素顔は目が青かった。(カラコン? それとも外国人?)
ステージのラストに、ヘイサンが頭を毟り取って、マイクにヅラを被せました。
『なんか襟足に違和感があるな~…。エクステ? それとも髪の短い人が襟足ウィッグを付けてるの?』なんて思いながらジロジロ見てたんですが、まさかスキンヘッドとはっ!!
開いた口が塞がりませんでした(笑)
セッティングの待ち時間にANDYに呼ばれて出てきたとき、「ホントはヅラ取るつもりなかったんだけど…」って言ってましたが、ヘイサン、サービス良すぎだよ!!(大笑!)
(打ち上げのとき、他の出演者は確認できたのに、素顔のヘイサンがどの人なのか、全然分からんかった…。 あんなにインパクトのある人だったのにねぇ…)

そしていよいよ大トリ。 大本命の『OSAMU METAL 80's』です!
原始人みたいな赤い毛皮のパンツ(後ろが編み上げのブリーフ)姿で出てきた修ちゃんにビックリ(笑)
腕と膝にはお揃いの毛皮のリストバンド(手甲と言ったほうがいいような長さのもの)とレッグウォーマーしてました(笑)
MCでNoBさんが「ジョンって呼んで」「そっくりでしょ」って言ってました。ネタ元は判りませんが、 私はメイクした顔が「パイレーツ・オブ・カリビアン」のキャプテン・ジャック・スワローに似てると思いました。
NoBさんの衣装は、モノトーンの豹柄のタンクトップに茶系の豹柄のベスト、黒のレザーパンツは蛇柄の型押しでした。
アンコールで着替えてきた時は、Vネックの黒い蛇柄のタンクトップ。
服もステキだけど、特にベルトがすんごいカッコよかった。以前私が「これほしいな~」と思ったら28万4千円でガックリきたターコイズのベルトと雰囲気が似てる……。

いつものように、TWINSはNoBさんのまねっこしながらノリノリ(笑)
拳を突き上げるタイミングがバッチリそろうと、NoBさんがニッコリしてくれるのが嬉しくて、久々に思いっきり体動かしましたよ。
私の位置からは見えなかったけど、陽吾さんは、私らの姿を見つけて、やっぱり爆笑していたらしい(笑)
洋楽はテレビでしか聴かないので知らない曲がほとんどでしたが、『プリティーウーマン』とか、よくコマーシャルで子供がキッスのメイクして歌ってる曲とか、洋画を見ていたときに聴いたような曲とか、知ってる曲はノリやすくてとても楽しかったです。
この日はカメラ禁止じゃなかったから、デジカメ持って行かなかったのが悔やまれる…。
GRAND PRIXはCD出るまでカメラも録音もOKだったので、若い頃は一眼レフ持ってって写真撮りまくったものですよ。お気に入りの写真は引き伸ばして、サイン入れてもらって、額に入れて飾ってます。

ライブが終わってから、ミキサーのお兄ちゃんにビニールテープ…というか、黒いラバーテープを借りて、もげた姉のヒールをグルグル巻きにして引っ付けて応急処置することができました。もう夜遅いし、姉の仕事の都合で翌朝も早く帰らなきゃいけないので、靴買う余裕ないから、どーしよーかと思いましたが。 これでなんとか家まで壊れた靴を履いて帰れて、本当に助かりました。

順番で荷物番しながらトイレ行って、姉がまだトイレの中にいる時に、NoBさんがファンサービスに楽屋から出て来て、ファンのお姉さんたちに囲まれていて。
チビッコの私らは後ろのほうで順番回ってくるのを待ってたら、NoBさんが引っ込みかけて、周りのお姉さんたちが慌てて「NoBさん、待って!」って引き止めてくれました。
私らに気付いたNoBさん、「また1番前でかぶりつきやったね」って笑ってて…。
本当は私は11月のGRAND PRIXも来るつもりでチケット取ってたことや、風邪引いて行けなくて、担当さんにチケットあげたら、お土産にTシャツ送ってくれて、その中にこのイベントのチラシが入ってたから、今日のライブを知ったこととか、いろいろ話したあと、「またイベント探して来て下さい」って言ってくれました。
生のNoBさん拝めて、5年は寿命が延びた気がする…(笑)

今日のライブは、一般のお客さんも打ち上げに参加できる形式で。 楽しそうだなーとは思うけど、姉の靴が壊れちゃったし。汗びっしょりで、早くお風呂入って着替えないと、風邪引きそうだったし。 「残るかどうかはNoBさん次第」ってお店の人に言ったら、「じゃあ、ビミョ~な感じで残っててください」って返答で、とても親切なライブハウスでした。
結局、着替え終わって出てきたNoBさん本人に聞いたら、よそへ打ち上げに出るって言うことだったので、翌日に差し障るし、ホテルへ帰って寝ることにしました。

トラブルもいっぱいあったけど、本当に楽しかった。 行ってよかったです。
【2008/02/23 23:32】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
今年の仕事の予定です
 イベントや通販ですでに情報をGETしている方もいらっしゃると思いますが。
 お陰様で今年もセシル文庫から四冊、出してもらえるみたいです。

 3月発売予定 「優しい旦那さん」
 7月発売予定 「夢みる旦那さん」
 9月発売予定 「人気俳優は愛犬家」続編?
11月発売予定 新作か「旦那さん」の続き


 ええ、そうです。なんと今年、旦那さんシリーズ第二部が出版されることになったんです!
 (「夢みる旦那さん」は7月なのに、昨日うっかり日付け書き間違っていました。ごめんなさい)

 やりましたね~。読者の皆様のリクエストのお陰です。これからも応援してください!
 今年も頑張りますので、よろしくお願いします。

 昨年からずっと、サイトの更新、滞っていて申し訳ないです。
 通販も、在庫状況やセール内容変更のために、旧サークル本の通販を一時停止していますが、なるべく早くサイトを更新して再開します。
【2008/02/06 22:16】 | 商業誌発売予定 | トラックバック(0) | コメント(1)
アレルギーはつらいよ
 年末年始にただれてしまった手がようやく落ち着いていたのに、土日に掃除をしたせいで、また両手がただれています。
 私の場合、ウェットティッシュや石鹸でも、お掃除レベルで使うとただれてしまうんです。(パラベンとか、私にとって有害な植物成分がいろいろ入ってるからなぁ~)
 許容範囲を超えなければ平気な成分なのですが、その許容範囲が著しく小さいみたいで、本当に困ってしまいます。
 ちなみに一番無難な石鹸はビオレのボディソープ!(ハンドソープは一日に何回も使うとヤバイです)

 で、今回は軍手とポリエチ手袋を重ねてはめていたので、中性洗剤で食器を洗ったり、その辺を拭き掃除したところまでは平気だったんですが、水周りの掃除がトドメだったみたいです。
 やっぱポリエチ手袋だと、強い洗剤は浸透するんでしょうねぇ……。
 手につかなくても、臭気でかぶれちゃうしねぇ……。
 厚手のゴム手袋なんて使った日にゃ、ゴムかぶれしちゃうし……。
 ハウスキーパーを雇える甲斐性がほしいですよ。

 さて。昨日は両手が熱をもってヒリヒリしていたし、目もネチャネチャして霞んで見えにくかったんですが。今日は目の異常、治まったみたいです。両手の腫れも少しずつ治まってきつつあります。
 でも完全に治るには時間がかかるっす。
 アレルゲン全部シャットアウトできたらいいんですが、日用品にも、食品にも含まれている成分なので、無農薬野菜とか、オーガニック飼料だけを使って育てた生き物の肉で、調味料から手作りしたご飯を食べて、炊事洗濯掃除、なんにもしないで生活しない限りムリっす。 

 昨日から家事一切をサボって校正に没頭していたのですが、修正テープがなくなって、100均で買った修正液を開けたら、すんごい臭いがきつくて気持ち悪くなりました。
 まだ手がただれている状態で、これはキツイ。なんか頭痛がする……。
 別の修正液はここまで臭わなかったよ。もう二度とこれ買わないわ……(泣)。
【2008/02/05 21:42】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
節分です!
 今日は節分です。
 風水では明日の立春が年変わりなので、土曜定休日の姉の尻を叩いて、昨日から寝室の掃除をしています。
 ええ。我が家は二階が二部屋しかないため、嫁に行った長姉の部屋を寝室に、子供の頃から使っていた部屋を仕事場にして、双生児の姉と同室で生活しているのですよ。

 去年の暮れに買った衣類の収納ケース、今朝未明、ようやくクローゼットの中に入れられました。
 姉の分は年末、買ってすぐに所定の場所に入れたんですけど、二人して風邪を引いた上、姉がジュエリーを寝室で紛失したため、「私が掃除機かけるまで掃除しないで!」とか言われちゃって。私の衣類収納ケースは、仕事場の私のお絵かき机の上で、邪魔なオブジェと化していたのでございます。
 なぜジュエリーを紛失したかというと、タンスの肥やしで衣類を収納できなくなった姉のタンスがバランスを崩して転倒したから。その拍子に、ガーネットのネックレスと何とかが行方不明になったとか…。
 ガーネットは見つかったらしいんですが、金のチェーンがどうしても見つからないと言う。
 私が「タンス周辺以外は掃いてもいいんじゃないの?」と聞くと、「どこでなくしたかわかんない。もしかして、年末あんたが押入れ周辺に掃除機をかけたとき、うっかり吸い込んでゴミと一緒に捨てちゃったのかも…」などとと言う始末。
 どうやら年末遊びに行くとき、慌ててネックレスのチェーンを付け替えて、放置して出かけたまま紛失したみたいです。
「どこに置いたかよく思い出してごらん」
「あんたのタンスの上か、あんたのベッドの棚の上か、仕事場のあんたのワゴンの上か、パソコン机の……」
「ちょっと! ワシの陣地に物置くなって、何べん言ったら解るんよ!」
「だってほかに置くとこないもん!」
 片付けられない女と同室で暮らすのは、なかなかストレスが溜まります。
 
 そんで、今日姉が仕事に行ったあと、タンスや収納ケースの中身を整理して、タンスの肥やしを箱詰めしていたんですが、昨日姉が「毛布収納袋にまとめて入れるほうが出しやすいから、これもういらない。使っていいよ」と言って私にくれた衣類収納袋を使おうとして、チャックを開けたら何やらチャラチャラ音がするんです。
 何、この金のチェーン。なんでこんなところに入っているわけ?
 この衣類収納袋、昨日中の衣類を出して私にくれたんじゃないのかい?
 だったらなんでそのとき気がつかないんだ!
 うっかりしてるのはどこの誰~!?

 というワケで、帰宅した姉はチェーンを見て、泣いて喜びました。
 ほれ見ろ。整理整頓したらいいことがあるだろう。
 私なんて、この間机の引き出しを整理していたら、お釣り銭用に封筒に入れてナイナイしたまま忘れていた千円の新札を、五枚も発見したわ。
 掃除のご褒美にお小遣いをもらったような気分でうれしかったから(と言っても、わたしのお金なんですが)、またどこかにお金隠して、掃除のときに宝探ししよ。(笑) 
【2008/02/03 23:59】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。