桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
優しい旦那さん
優しい旦那さん


セシル文庫 (2008年3月中旬発行!)
文庫に収録するため、「頼れる旦那さん」「みーくんの遊園地日記」を書き下ろしました!

あらすじ
 
 やっと勘当が解け、優しい旦那さんの明彦さんと可愛い一人息子みーくんと実家に帰省した功一。家族そろって幸せな団らんができると思っていたのに、父さんが明彦に子供のようにちっちゃな意地悪ばかりをして、困り果ててしまう。
 まだまだ大沢一家の前途は多難なようで……!?
ほかに、
 免許をとった功一が危険な目に遭ってしまう「頼れる旦那さん」
 みーくんと双生児ちゃんが主役の「みーくんの遊園地日記」などを収録。

 今回の表紙は、ファンタジーランドに遊びに行ったときのものですね。
 同人誌で読まれた方は「え?」と思われたかもしれませんが、まあ、大人の事情でいろいろと、あちこちに細かい変更が入っているわけです。
 私的には、本文でお子様たちに風船を渡してくれているキャラクターは「キューティーちゃん」と命名したいです。(笑)
 帯やタイトルで隠れていますが、表紙カバーの折り返し部分を見ていただいて、右上がドン・ニャンゴ。右下がサミーくん。左がミルフィーユちゃん……なんてね。(笑)

 口絵は「みーくんの遊園地日記」より。みーくんと双生児ちゃんの可愛いスナップショットです。

 今回、本文の挿絵には、功一の父とアリサちゃんが初登場。
 アリサちゃん、めっちゃカワイイですよぅ~!
(この顔であの小生意気なセリフを吐くかと思うと萌え~!!
 功一父のちょっと意地悪げな表情も、いい味出てます。
 功一と明彦のショットは四点ありました。
 どの挿絵もステキですが、最後のシーンが盛り上がってて特にラブ度が高いです。
 こんなステキな本を出していただけたのも、読者の皆様が応援してくれたからですね。
 まだまだ続きはありますので、これからもよろしくお願いします。
 「夢みる旦那さん」「ステキな旦那さん」でみーくん、年長さんに持ち上がり、番外編の「りりしい旦那さん」で卒園間近となっています。
 そこから先は書き下ろしになっちゃうので、どのくらいのスピードで物語を進行させるか思案中。
 もし「みーくん幼稚園時代の話がもっと読みたい」という方がいらっしゃいましたら、セシル編集部にリクエストしてみてください。

 旦那さんシリーズ、果たして商業誌でどこまで出版してもらえるかわかりませんが。
 読者さんのリクエストがあれば、どういう形になっても続けたいと思っています。
 
 ちなみに、「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」が電子書籍化されることになりました。
 もう販売始まっているのかな?
 RQコードの画像が送られてきているので、それも近日中にUPしますね。
 

スポンサーサイト
【2008/03/12 16:55】 | セシル文庫 著書 | トラックバック(0) | コメント(6)
プロット通りました
 日曜日は薬もなかったので、大変つらかった……。
 痰の塊が咽喉に詰まってむせ返ってばかりいたせいか、昔怪我した肋骨周辺のあちこちが痛いです。
 月曜日から毎日注射に通っていたら、木曜日くらいから解放に向かいました。
 昨年十二月から通っている病院は風邪の治療が得意らしくて、一回注射打ってもらって、三日薬を飲めば大抵よくなってたんだけど。今回えらく長引きました。
 
 とりあえず、いい加減仕事しないといけないので、コタツでダラダラ、ウトウトしながらプロットやエピソードの表を作って、PCで清書してメールで送りました。
 細かい修正は出ましたが、おおむねOKだそうで……よかった。よかった。
 「優しい旦那さん」の表紙画像も届いたので、近々UPしますね。
【2008/03/10 16:44】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
絶不調です
 確定申告の翌日、朝起きたら咽喉が腫れて、声が枯れていました。
 とりあえず水曜日に病院にいって、注射と薬を処方してもらって、木・金は校正紙の見直しと、書き下ろし原稿のチェックをしながら宅配呼んだりして、仕事していましたが……。
 だんだん炎症がひどくなって、声出ないし、嚥下痛して口当たりのいいものじゃないと食べにくいし、四六時中トローチか飴を口に入れていないとつらいです。

 姉も調子悪いみたいで、一緒に病院に行ったら、今日はもう閉まっていました。
 平日は一時までだけど、木・土は十二時で終わるみたい。
 前、土曜に十二時過ぎて行っても開いてたのは、偶然患者さんが切れなくて開いてただけなのね。
 今日で薬が切れるというのに、ガックリ……。

 このところ、毎日首がもげたり、左腕の関節から下がもげたりするような夢ばっかり見てるし。
 今朝トイレから出た瞬間、常に左手首にはめていたクリスタルとアメジストのブレスレットがブッチン切れて、石が廊下に散らばっていくつか行方不明だし。(ついこの間修理したばかりなのに……)
 なんかホント、ここしばらくトラブル続きで滅入っちゃうよ。
 
 今日は父親がマージャンに出かけるらしく、自宅の駐車場の都合で1時半過ぎてからじゃないと帰れないので、本屋さんをはしごして御算用日記の三冊目を探して(でも、続き二冊見つけたけど、三冊目は見つからなかった)、ついでに漫画も三冊買って、スーパーで昼ご飯買って帰りました。 
【2008/03/01 16:18】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。