桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
薔薇の海賊旗
薔薇の海賊旗

セシル文庫 (2008年11月19日発行!)
早いところだと16日または17日くらいに書店に並んでいるかもしれません。
新作書き下ろし
お隣の旦那さんシリーズ番外編ペーパー入り。

リクエストが多かった「二歳のみーくんとケースケくんのショート番外編」です。(笑)

あらすじ
 
 十八世紀初頭、フェルディナン公国海軍提督の末息子サフィールは姉に出産祝いを届けるため、カリブ海にある植民地にむかう貨客船で船旅を楽しんでいた。
 だが、あと数日というところで船が海賊に襲われ、全員捕らわれてしまう。
 美しく気が強いサフィールは、赤毛の海賊船船長ブラッドに気に入られてしまい、毎日甘やかに口説かれるようになる。
 最初はブラッドに反発するサフィールだったが……!?
 
 あとがきにも書きましたが、挿絵を竹中せい先生にお願いできると決まった直後に階段から滑り落ち、後頭部と左側の肩と背中と腰と尻と右膝を打撲して、キャラ設定とプロットはベッドの中で立てたんですよ。
 担当さんは「〆切延ばしてもいいですよ」と言ってくださったんですが、せっかく第一希望が通ったのに、竹中先生に挿絵をお願いできなくなったら嫌だったので、(前半は)消炎鎮痛剤で痛みを和らげながら、なんとか書き上げました。
 だって今回、派手に落ちた割に打撲の痛みだけで、運動障害は出てなかったんだもん。
 改名前は、転んだだけでも打ち所が悪くて、四肢や首が痛みや痺れで可動領域がすんごい狭くなったりして、半年くらい通院しながらヨレてることがザラにありましたが。
(しかも治りきる前にまた近接部位を怪我しては、いつまでも介助なしで暮らせない時期が続いていたんですが)
 今回は打ちどころが悪くなかったらしくて、回復も早かったです。

 頑張ってよかったよ~。挿絵、すんごいキレイ…
 商業誌で現代もの以外を書かせてもらえるのは初めてなので、浮かれまくってキャラクターの目の色、髪の色、髪型&長さ、服装やイメージカラー、武器などなど、細かく設定しちゃって、担当さんにも竹中先生にもお手数をおかけしました。
 実は初稿のサフィールは、もっと髪がタイトで短かったんです。
 でも、イメージがはっきり固まっていたので、「もっと猫毛のふんわりした髪質で、シュナイゼル殿下の髪をくるくるドライヤーでブローしたくらいのボリューム」とか、なんかワケわからん指定の仕方で変更していただきました。
 マクシミリアン兄上は「これくらいの長さ」ってヘアカタログの画像URL送ったんですけど、サフィールはいいサンプルがなくて困りましたよ。
 でも、あんな無茶な指定で希望通りのサフィールになってビックリするやら嬉しいやらで。
 ブラッドに至っては、眉尻を少し太くしていただいただけで、ほとんどイメージしていた通りでした。
 ヴィヴィアン、マクシミリアン兄上、ドクトール、ネリーに関しては、描写や指定に合わせてお任せしていたんですけど。予想以上の仕上がりでした!

 これ書いている間、私はサフィールに夢中でしたよ。
(体は痛くてヘタレてましたが、執筆自体はすごくノッて書いていました)
 私の場合、受キャラの一人称だろうと、攻キャラの一人称だろうと、三人称だろうと、私の中の男心が萌えないとエッチ系小説が描けない人なので、大抵は「受」に夢中になります。
 こういう「坊ちゃん育ちで気位が高くて、ちょっとワガママだけど純情で可愛い美少年タイプ」が大好きなので、書いててすっごく楽しかったです。
 ブラッドの異母弟たちも美形ぞろいで、私のツボにハマる子が多いです。
 続編とか書きたいなぁ…。
 もし気に入っていただけたら、編集部にリクエストしてみてくださいね。

 私的には「王子様と騎士」とか「勇者」「天使と悪魔」「退魔」「吸血鬼」とかいった題材も好きなので、またファンタジー系を書かせてもらえる機会があればいいなぁ……。
スポンサーサイト
【2008/11/15 16:54】 | セシル文庫 著書 | トラックバック(0) | コメント(1)
またまた体調崩しました。
 マイコプラズマらしき不調は薬を三日飲んだらすっかりよくなったんだけど、9日の夕方にお腹痛くなって下痢しました。
 下痢が治まったので、12日に押入れ下段に本を全部詰めなおしたの。
 そうしないと、原稿に手をつけられないから~。

 なんかもうヘロヘロで弱っていたところへ、姉が風邪をもらって帰って、深夜になって私も頭痛と悪寒に見舞われました。
 今日職場で仕事していたときの姉の症状と同じだから、またもらってしまったんだと思います。
(なんか今、姉の職場で風邪が蔓延しているらしい)
 微熱が出ていたので、薬を飲んで寝たら朝には下がっていたんだけど、全身筋肉痛で、一昨日より頭痛がひどくて。
 熱はないのに、吐き気がするほど頭痛がしてきたから、昨日は病院でもらい置きしているバファリンを飲んで寝ていました。
 でも、飲む前より体温上がってたから、熱が出始めだったんだと思う。
 今日は病院いってきました。
 微熱があるけど、上がりきったみたいで頭痛は昨日よりずっと楽です。
 でも全身筋肉痛とのダブルパンチで起き上がる気力がないナリ……。

 昨日11月新刊の見本誌が届いたので、表紙画像も届いてるんだろーな。
 なるべく早くUPしますね。
 
【2008/11/14 15:53】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
押入れの本棚
 仕事場の押入れは丸ごと書棚になっています。
 上段はコの字型にキャスターなしを配置して、キャスターつきのラックを二本入れています。
 下段は押し入れ用のコミックスラックを8本と、ノベルズタッパー6本入ってる。
 ちなみに大型の書棚が三つと、ユニットデスクのガラス戸つき書棚二台分。ゆうパックのダンボール12箱、文庫ボックス12庫、ノベルズボックス12庫。
 倉庫部屋に仮置きしているゆうパックのダンボール12箱。
 入れる場所がなくて、紙袋に入れて仕事場と階段と和室を放浪し続けていた、大量の本の山がありました。
 
 そのうち、昔暇つぶしに買って外れだったり、好みが変わったりしてもう読まない本を、姉の車の後部シートとトランクいっぱいにつめて四回、古本屋に持っていって処分したんです。
 そのため、秋口に押入れの本も全部引っ張り出して選別したのよ。
 下段のラックは引っ張り出したりして動かすから、四本ばかりキャスターが取れたり、背板が外れて曲がったりしていたから買い換えることにしたんです。
 家具専門に扱っている通販のカタログに載っていたのは、今使っているのより薄型だから、五本注文したら「到着が11月上旬になる」ってことで、仕方なく仕事場のお絵かき机の上や床に、残しておく本を放置していました。

 でもね。製造が遅れて、12月上旬になるってメールが届いたよ……。
 そんなクソ忙しい時期に届けられても困るってば。
 仕方がないからキャンセルして、今あるラックをガムテープで補修して、もうしばらく使うことにしました。
 こんなに遅れるとわかっていたら注文しなかったよ。
 新品の到着を待たずに片付けていたら、寒くなる前に仕事場片付けられたのに……。
 部屋片付けないとヒーター使えないから、冬コミ用の原稿に取り掛かれないじゃん!
 くそー、失敗した……。
【2008/11/08 15:51】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
マイコプラズマうつされていたみたい。
 姉に風邪をうつした職場の人が、病院を転々として市民病院で検査を受けた結果、マイコプラズマを長々と患っていたことが発覚しました。
 一昨日姉も病院で検査を受けたんですが、レントゲンは白く曇らず、判定はシロだったんです。
 でも、翌日先生が「呼吸音に異常はないのに、ずっと息苦しくて、痰が絡むような変な咳が続いているから、やはり念のためマイコプラズマの特効薬を処方してみましょう」と言われまして。(どうやらマイコプラズマは風邪の抗生物質が効かないらしいです)
 昨日その薬を飲んだ姉がみるみる回復しました。
 肺を病んだような変な咳が治まって、息苦しいのも、胸が痛いのも、体が重いのも楽になったみたいで。
「あの薬が効くということは、おそらくマイコプラズマに感染していたんだろう」ってことで。
 今日私もその薬を処方してもらったら、長患いしていた風邪がビックリするほど楽になりました。
 多分マイコプラズマをもらったんだと思います。
 お陰で一ヶ月近くも不調が続いたよ。
【2008/11/07 14:57】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
2008冬コミ配置スペース
今日冬コミ当選の書類が届いていました。
(といっても、書いているのは11日後ですが)

12月30日(火)

西1ホール る-05a

桑原伶依企画


新刊は、「クールな秘書は恋に戸惑う」の番外編と、リクエストされた人気俳優と旦那さんシリーズがリンクした番外編の二本立て。
余力があれば人気俳優も混ぜたいけど。
もし根性あれば「薔薇の海賊旗」の番外編も、ちょろっと混ぜたいんだけど…。
体調と時間にあまり余裕がないので、おそらく二本立てになる可能性がかなり高いです。
どうなるかは、月末か来月頭まで判りません。
【2008/11/04 20:36】 | 同人誌情報 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。