桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
納骨が済みました
 今日、父の百ヶ日の法要と納骨が済みました。
(と言っても、これ書いているのは4月に入ってからですが)
 娘三人は礼服だし、非力なもので、実際にお骨を入れてくれたのは、甥っ子とお義兄さんです。
 最初、墓を開けてみたらば、お骨が白い風呂敷に巻いて入っていてビックリ。
「確か白い骨壷に入っていたよね?」
「まさか墓アラシ!?」
 なんてパニックしてしまいましたが、父の骨壷を納めようとして、理由が判明。
 骨壷が大きすぎて、どうやっても入らないのですよ!
 母の納骨のときは、母の種違いの弟も来てたし。(今はどこでどうしてるんだか……)
 父の親族の男手が結構いたから、娘たちは後ろのほうで手を合わせる順番を待っていたので、誰も骨壷から出して納めたことを知らなかったのでした。
(お寺さんも、十八年前とは代替わりしているので……)
 結局父のお骨も、骨壷を包んでいた白い風呂敷に包んで墓に納めました。
 お寺さんが「納骨用の晒しの嚢を使ったらどうか」っていってたんだけど、そんなのどこで売ってるの?(仏具屋さんにある?)
 私が死んだら墓が絶えるかもしれないので、京都の本願寺に永代経をお願いするため、母の御舎利様を出す予定でしたが……骨壷から出してあったので、どれが御舎利様なのかわからず、適当に一欠けら出してきました。
 落ち着いたら、姉妹そろって京都に持っていこうと思います。

 家に帰ると、父の遺影が嬉しそうに見えました。
 父は母が大好きだったので、やっと同じ墓に入れて満足しているんじゃないでしょうか。

 長姉一家は昨日の夜来て当日帰ると言うことで。
 手土産を用意していなかったので、ご飯を奢ることにしたんですが。
 中途半端な時間だったので、回るお寿司屋さんに行きました。
 回る寿司屋に行くのは初めてです。
 双生児の姉は広島のスシタツ(?)が初めての回転寿司で、こちらはすごく美味しかったらしいんですが。この日入った回るお寿司屋さんはなんちゃって寿司ネタが多くて、身が締まってなくて、ハローズの握り寿司のほうがまだ美味しい気がした……。
 おとーたまに連れてってもらった梅乃家は美味しかったなぁ……。
 おかーたまに連れてってもらった三原の寿司屋や、今はもうない栄寿司も美味しかった。
 私的には、やっぱ寿司屋は回らんほうが、風情があっていいような気が……。
スポンサーサイト
【2009/03/19 18:48】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(2)
確定申告が済みました
 今日やっと確定申告が終わりました。
 三回も会場に通ったのは初めてですよ。
 今年は亡くなった父の申告もしなくちゃいけなくて、一度目は相続人三人の署名捺印がいるというので、用紙をもらって出直しました。
 そんで、今まで「年金貰ってるお父さんのは入れちゃダメ」って言われていたから、医療費は双生児の姉と二人分だけ還付請求してたんだけど、世帯が同じなら父の分も入れて良かったらしくて。
 毎年姉と二人分でちょっと還付してもらえる程度に医療費かかってるから、父の分はまるまる上乗せで控除してもらえるので、もったいないから出直しです。
 領収書をそろえて計算し直し、高額医療費請求分の給付金額調べて合算したら、医療控除が14万九千三百三十四円になったので、出直した甲斐はありました。
 その代わり、父の申告は雑収入が多いので、控除してもらえる分を引いて、差し引き300円振り込むことになりましたけど。(還付金出ないのに、なんでわざわざ相続人全員の署名がいるのよ。配達証明と速達つけたら、往復の送料結構したのに……)
 まだ今年は相続や祭祀でいろいろお金がかかるので、少しでも返ってくると助かります。
 
【2009/03/05 19:51】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。