桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
開運旅行に行きます
 風水では、今月は効果6倍の旅行月。
 すでに京都旅行した東は、立身出世の仕事運とアンチエイジングの大吉方位。
 同じく大吉方位の東南は、生活を豊かにする金運と、人間関係運に恵まれる方位、つまり、玉の輿にも乗れる方位だそうです。
 今の生活に満足しているので玉の輿に乗りたいとは思わないけど、生活を豊かにする金運と人脈には恵まれたいです。
 憧れの高級旅館に泊まって、プチセレブな旅をするのが開運行動なので、夜はバラ、朝はデンファレが浮いている「はな露天風呂」に惹かれて、取材がてら紅梅亭に泊まることに決めました。
 
 http://www.koubaitei.jp/

 ここは女性の一人旅も歓迎していて、一人分の料金で泊まれるシングルのお部屋もあるんですが、夕食を部屋出ししてもらうには、倍の料金を払って和室に泊まらないとダメなんです。
 一人で高級旅館に泊まっても、「すごいねぇ」と感動を共にする相手がいないのは淋しいし。
 何より腰がまだ危ない状態なので、一人旅して行き倒れたら怖いです。(過去に一人で立てなくなって、見知らぬ人々にバトンリレーでご迷惑をかけまくって帰宅した前科があるのでなおさら。笑)

 というわけで、一人でも二人でも料金は大して変わらないので、双生児の姉を誘いました。
 ところが、不妊治療の検査で出血して、「流産したのと同じ状態だから安静にしていなさい」とお医者さんに言われたそうで、急に行けなくなり、慌てて友人を誘いました。
 最初は「たぶんムリ」と言われたんですが、「休み取れるか聞いてみるから、明日の夜まで待って」と言われて、返事を待ちました。
 ラッキーなことに、なんとか連休をもぎ取ってくれて、一緒に行ってもらえることらになりました。
 よかったよかった。

スポンサーサイト
【2010/05/31 03:15】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
もうすぐ梅雨なので
トイレ梅雨
もうすぐ梅雨なので、トイレの模様替えをしました。
カワイイっしょ?
【2010/05/30 23:47】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
戸惑う旦那さん
戸惑う旦那さん
セシル文庫 (2010年5月19日発行!)
早いところだと16日または17日くらいに書店に並んでいるかもしれません。
お隣の旦那さん 10 戸惑う旦那さん
書き下ろし本編+書き下ろし【みーくんの遊園地日記2】【七夕発表会】
同人誌再録【ハゲシイ旦那さん】【みーくんの幼稚園日記7】+ペーパー掲載ショート小説。

今回は一行増やして詰め込んだ上、増ページもしております!

あらすじ
 
 新学期を迎えて年長さんになったみーくんは「お兄ちゃん」という立場に大張り切り。
 タツヤくんという新入園児の担当になって、とっても懐かれたのはいいものの、みーくんがいないと泣き叫ぶように!!
タツヤくんが幼稚園に慣れるまでは、と功一まで巻き込まれ、延長保育で遅くまで残るようになってしまう。
 功一の作家の仕事が後回しになっているのを危惧した明彦さんは功一を叱りますが……!?

 
 
 今回ちょっと、いつもと違うパターンで展開してみました。
 最近旦那さんが回ってばかりだったので、今回の書き下ろしで、いい男っぷりを見せられればいいんですがね。
 
 自分的に「エロが少ないかも…」と思って、春休みの旅行をオマケしたんですが、もれなくエロじゃない番外編とか、エロを複線にした小ネタが増えてしまって、大増ページになっちゃいました。
 毎度編集さん泣かせで、〆切延ばしてもらいまくって、何やってんだかみたいな感じですね。
 実はこれ書いてる最中、年末の風邪でダウンして、音信普通で姉たちに大騒ぎされ、すぐ上のお宅に「生きてるか見てきてください」と電話されたっす。(病院が休みなので、ベッドで寝てただけなんですが……)

 今回の表紙は、双生児ちゃんたちと弥勒の里の遊園地に行ったときのものですね。
 
 口絵は、浴衣で盆踊りに行ったときのものです。カワイイ~!

 本文イラストもステキなので、実物をごらんください。
 ちなみに95頁のお風呂シーンと、155頁の明彦の表情が、今回一番書きたかった内容を物語ってくれています。(笑)
 
【2010/05/21 21:25】 | セシル文庫 著書 | トラックバック(0) | コメント(0)
そろそろ……
 先日くまちゃんに「お土産買ってきたから遊びに来て」とメールしていたら、今日の夕方来てくれました。
 お供えにもらったお煎餅を食べながら、いっぱい撮った写真を見せて、土産話をしたですよ。
 お土産は、下鴨神社の葵守りと、御所限定の御所煎餅だす。
 因みに私は、願い事が叶うように割札守りと、色違いの葵守りと、病気平癒の水守りと、災難避けの伽羅の香りがする肌身守りと、交通安全のお守りいただいてきました。(笑)
 
 いい加減、狼男続編のプロットを書かないといけないし、宅配便で校正紙が届いたし、昨日メールが来ていたので、そろそろ仕事しないと。

 校正紙は、シュガーラブ文庫で書いている男女モノの変名著書のシリーズ3です。
 本当は1月アップの予定で引き受けていたのに、遅れに遅れてゴールデンウイーク明けにアップしたんですよ。
 前2作で描いていただいていた緋郁榮莉さんが10月まで詰まっておられるとのことで、今回から、コミック版を描いていただいた志波ひよりさんに表紙イラストをお願いすることになったそうです。

 シリーズ1作目の【花嫁は夜に乱れる】が、3月末にシュガーラブコミック第一弾でコミック化されたんですが。
「売行き絶好調なので、さっそく【花嫁はお仕置きに啼く】もコミック化したいのですが、後半、あまりにもエッチシーンが多いので、そのままだとパピレスさんから販売NGをくらいそうなので、過激な部分の修正&エッチシーン以外のストーリーを付け加えてはどうか…との提案がコンテンツ部よりありました」
 という、苦笑いするしかないメールが届いていたんですよ。
 実はこの作品、裸エプロンの表紙イラストでもNGくらって、ハートで胸やお尻を隠したパピレス版と、初校の表紙、二種類の表紙で販売されています。(笑)
 双生児の姉には、「あんたが書く女の子って、男が書くヒロインだよね」と言われたし、担当さんにも、「これ、男の子が読んでもウケるんじゃないですか?」と言われました。
 うん。私の中の男心がうずくヒロイン書いてるから。
 そうじゃないと、女の子にのめり込めないから。(笑)

 女性向け恋愛コミックの場合、どこまでやるとNGなのかよくわからないんですが。 
 今日はまず、そっちの本文を読み返して、修正案を考えないと。(笑)
【2010/05/19 19:54】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
蕁麻疹
 昨日の朝は、種類の違う虎ちゃんを長姉と半分こして、遅い朝食にしました。
 お昼は冷凍していたハローズのおにぎりと手製の玉子焼きを解凍して食べて、車二台で家を出て、花を買って墓参りして、墓で長姉と別れて接骨院へ行きました。
 実は旅行に行った日から手が爛れていて、日に日にひどくなっていって、昨日は足の甲や膝下にもワーッと発疹ができていて、風呂から上がると首周りや胸元も真っ赤に水ぶくれていたんです。
 心なしか、顔も少し赤まだら。
 旅行に出た日は両手のみ、特に左手がひどかったから、「アルボースじゃないか」と長姉に言われたんだけど。
 手だけなら石鹸かぶれだと思うけど、手から始まって足に出て、顔や胴体にも出たことを考えると、なんとなーく、薬疹のような気がする……。
 木がたくさん生えている場所に行ったし。ご馳走を食べたし。蕁麻疹が出そうな要因はたくさんあるので断言はできませんが。
 旅行のど真ん中に月のモノが来る予定だったので、薬で予定を遅らせたんですよ。
 初めて飲む薬だし。12日未明、寝る前から飲み始めて、旅行当日にはすでに爛れて痒かったので、日程も合う。
 本当は18日まで飲む予定だったけど、「副作用がきつかったら途中で飲むのやめてもいい」と言われていたので、15日の夜でやめています。
 今日病院に行って薬をもらってきたんですが、16日がピークだったみたいで、急速に枯れ始めました。
 やっぱり薬疹だったんかな~?
 
 なーんか、ずっと生理前痛みたいな(前々日レベルの)頭痛・腰痛・下腹痛が続いてるし。
 なるべく自然に任せたほうがいいみたい。
 まあ、腰や体幹部を怪我しているときは、半日前から三日目までの生理痛がかなりひどいんで、今回は自然に任せる度胸はなかったんですけどね。先月も、生理痛で腰痛が増してるときに腰がギックリいっちゃったんで。
【2010/05/18 04:18】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
甥の家へ行きました
 メニューを変更してほしい人がいるので、今日は三人とも湯葉がメインの朝食にしてもらいました。
こうろ朝食湯葉

 ご飯を食べて、チェックアウトして、帰りに六角堂煎餅を買って帰るつもりだったけど、お店が閉ってました。残念。
 新快速で大阪へ行って、途中下車。
 四時九分発のぞみで帰る予定なので、何時の便で新大阪に帰ればいいか調べたかったんだけど、大阪駅の駅員さんは、私の言葉を理解してくれません。
 帰る時間が決まっている新幹線の時刻表を渡され、間違いに気づいてもらいなおしに行くと、発時間しか書いていない時刻表だったので、三度目を聞きに行きました。
 どれに乗れば、指定席チケットの便に乗れるか聞いているのに、やっぱりトンチンカンな答えが帰ってくるよ。関西弁と広島弁は互換性が違うのか?

 甥っ子と大阪駅の中央口で待ち合わせて、谷町線で甥っ子の新居に行きました。
 3月9日に生まれた赤ちゃん、蓮人くんを見に行ったんです。
 目を閉じたときの目元がお兄ちゃん(蓮人くんのおじちゃん)に似ていて、睫毛がすっごい長いです。
 まあ……利くんは、目を閉じても瞼が閉じられなくて、白目むいちゃうほど目が大きかったんだけどね。
 眼の大きさは似なかったみたいで、眼をあけると、そんなに似ていません。
 行ったときはごきげんさんで、キャッキャと笑っていたんですけど、「あっ、写真!」と思ったときにはおねむの時間で。起きたらちょっぴりごきげん斜め。結局寝顔とムッツリ顔と大あくびばかり。
 やっとにんまりしてくれたので、終わりにしました。
 っていうか、一枚だけ笑った顔が撮れたのに、手ぶれしちゃったんだよ~! くそー……。

 おねーたまの新居と違って、広くてきれいなところでした。
 二階建ての建物で、一階に玄関があって、2LDKの二階に住んでいるですよ。
 本人たちは田舎育ちなので「狭い」と言っていますが、うちのリビング・ダイニングキッチンに全体がすっぽり入るおねーたまの2DKの新居を見たあとでは……充分広く感じますよ。
 
 ついでに梅田をブラブラするとかで、帰りは家族三人でお見送りしてくれました。
 予定通り新幹線に乗って、双生児のおねーたまは乗り越して直帰。
 長姉は私と一緒に下りて、うちに一泊するそうです。
 本当はもっとのんびりするつもりだったけど、体調の悪い男嫌いのワンちゃんが、長姉がいないとご飯食べないらしくて、一泊で帰ることにしたとかで……。
 帰りに駅ビルの食品売り場でお土産や食料を買って帰りました。
 晩ご飯は長姉が買ってくれたので、私は翌朝のご飯に、虎屋の虎ちゃんをいろいろ買いました。
 
 土曜日までの録画予約はしていたんだけど、日曜日の予約を忘れて、気づいたときは全滅でした。(泣)
 新参者は見たけど。
 日曜日のアニメと特撮と、女帝薫子、楽しみにしてたのにぃ~っっ!!
【2010/05/16 03:39】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
葵祭
 今日も朝からご馳走でした。
 朝食は湯豆腐つきなんですが、長女は豆腐が嫌いなので、一人だけ湯豆腐をサラダとフルーツに変えてもらったんですよ。 
こうろ朝食湯豆腐

 地下鉄で烏丸御池から丸太町に移動して、御所に向かいました。
 すごい人ですね~。階段は行列で、ゆっくり進んでいったので、足腰の悪い私にはちょうどよかったです。
 ドミノ倒しで倒れてきたら怖いけどね~。そんな事故はなく、無事地上に出られましたよ。
 有料観覧席を申し込んでいたのですが、入口から一番近い、向かって左手にあるブロックの最前列でした。
 買ったばかりのデジカメで写真いっぱい撮りました。
 若い頃は一眼レフでライブ写真いっぱい撮ってたんですが、一眼レフは壊れて久しいし、もう重たい大きなカメラを使う体力がないので、軽くて小さめのカメラにしました。
 それにしても、デジカメって、狙った瞬間よりシャッターが下りるのが遅い……。
 美青年が三人くらいいて、アップで撮ろうとしたけど、全部えりあししか映ってないよ(泣笑)。
 美童女の集団も、アップで顔を撮ろうとして、フレームから消えて、戻せたときには通り過ぎてた。
 第二陣の童女たちはバッチリ撮れました。
 なかにはカメラ目線で、「どこのどなたか存じませんが、大サービスでありがとう」みたいな写真もあります。
 やっぱりデジカメ買ってよかったです。携帯のカメラとは、画質が雲泥の差です。かなりズームアップできるし。
御所2
 写真撮っていたら、小一時間なんてあっという間でした。
 人によっては退屈するかもっていうコメントがあったけど、ワタシャあと二~三時間続いても、全然退屈しないですよ?
 このあとすぐさま上賀茂神社に移動して、当日の有料観覧席を予約して、参拝して、一日神社でのんびりする予定だったんですが……。
「同じ行列みたくない。御所を見て回ろう」と長姉が言います。
 ええ~。だったら「あんたに任す」とか言わずに、下調べしている段階で言ってよね。
 私の好みで予定を立てたらマニアックコースになるのわかってるから聞いたのに……。
 当日の混雑具合をネットで調べて、タイムスケジュールを組んでいたのに……予定が狂って、ちょっぴりオヘソが曲がりそうです。
 でもまあ、気を取り直して、御所限定パッケージの御所煎餅をお土産に買ったり、おやつしたりして、のんびり御所を散策しながら写真を撮りました。

 見て回れるのは庭だけみたいなので、その後、上賀茂神社に移動。
 私的には、この頃ケガが多いので、上賀茂神社で厄払いするのが本命だったんですが。
 もしかして……と思っていた通り、参拝に来た人は、行列が来るまでに境内から出ないといけないとかで、慌ただしくお参りすることになりました。
 本気でお参りするなら、祭りの日は外すべきですね。霊感とかはないほうですが、神社の気もすっかりお祭り色で、拝んでるときに感じる高揚感があんまりなかったわ。

 拝殿の手前に神馬がいて、木彫りの神馬がおみくじをくわえている神馬みくじを引きました。やっぱり吉です。
 長姉は大吉だったみたいです。
 ちなみに、「おこころもち」という賽銭(?)で、神馬に人参をあげられるんです。
 食べているとき、お皿を持っていた手に鼻面押し付けられました。可愛い~。
「神馬に話しかけないでください」という貼り紙がしてあるんですが、うるうるした円らな瞳を見ていると、思わず話しかけたくなりますよ。 
神馬

 お参りが終ったら、街中に戻ってお昼を食べるつもりでしたが、姉ちゃんたちが「足が痛い」「早く座りたい」と言うし、携帯に送っていた予定変更した場合の観光地のアドレスにアクセスしてもエラーばかりなので(古いソフトバンクの携帯じゃ役に立たないよ。iphoneに変えるべき?)、神社の前のお好み焼き屋へ入りました。
 いろんな意味でインパクトのある店でした…。なんとも言えません。
 店を出ると交通規制が敷かれていたので、大田神社にお参りして、カキツバタの群生を見てきました!
 カキツバタ
 保護されている巨木とかもあって、またまた写真撮りまくり。
 なんか、近くに蛙がいるみたいなんだけど、声は聞こえど姿は見えず。
 帰りに婦人会が出してる店で、ヤキモチとお茶のセットをいただきました。
 ヤキモチ美味しかった~! 長姉は土産にも買っていました。
 帰りのタクシー代は、混雑しているので、さすがに割り勘にしてもらうことに……。

 昨日と同じ時間にお風呂に入って、晩ご飯をいただきました。
 今日は京野菜懐石です。
 白いお皿の盛り付けは赤いバラとラベンダー色の小花が添えてあって、きれいで美味しかったです。
 でも一番美味しかったのは、トレイの左側にある加茂茄子!!
こうろ野菜懐石賀茂ナス
 続いて、京野菜のてんぷらやお吸い物、小鉢に盛られた料理が出てきました。
 お吸い物は相変わらず感動的なうまさです。
 てんぷらもからっとしていて、全体的に、昨日の料理より私のお口に合いました。
 メインはしゃぶしゃぶです。
 ここまででおなかいっぱいだったんですが、食べ終わった頃、さらに炊き込みご飯と赤出汁とデザートが……。
こうろ野菜懐石てんぷら
 この日のデザートは、まさかのメロンとパイナップルに、ブドウが一粒乗ったフルーツ盛り合わせ。
 私も双生児の姉も、メロンとパイナップルはアレルギーで食べられません。
 お皿を下げてもらったら、代わりに角砂糖が一粒載ったグレープフルーツが出てきました。
 なんか、事前申告してなかったのに、申し訳ない。
 でも、親切に対応していただいて嬉しかったです。
 仲居さんも、布団を敷きに来てくれるスタッフも、物腰がやわらかくて感じがいいし。
 この旅館にしてよかったです。

 ちなみに葵祭の日は、蒸し暑い夏日か、雨が降ることが多いとかで、ここ数年こんなにいい天気なのは珍しいそうです。
 私、昔っから晴れ女なので、ここぞというときのお出かけ日に雨が降ることは滅多にないし、雨が降っても、自分が出歩く時間帯だけ止んだり、小降りになったりするですよ。(そんで、車に乗ったり、屋根の下に入ったりするとザーザー降り出すの)
 出かける前は明日は雨の予報だったのに、明日の天気予報も晴れに変わっていました。
【2010/05/15 22:02】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
京都へ行きました
 両親の祖檀納骨・永代経の申し込みをしに、本願寺の大谷廟へ行くことになり、三姉妹で京都へ行きました。
 旅行前に見た週間天気予報では、京都は14日晴れ、15日曇り、16日雨でした。
 この時期お天気次第で気温差が激しいので、何を着ていくか悩みました。
 広島では暑くて失敗したので、キャミソールと長袖チュニックのセットと、オールシーズンOKのライナーつきコートを着て、カーディガンと、コートを入れる携帯折りたたみバッグをショルダーバッグに入れて出かけました。
 
 寒い……。
 京都は、コートの前を開けられないほど風が冷たかったです。
 タクシー乗り場のほうへ出たので、「私タクシーでもいいよ」と言ったんですが。姉ちゃんたちは「バス調べてきてるならバスでいいよ」と言い、駅の反対側へ回ることになりました。
 すごい遠回りになっちゃって、「タクシー代は私が払うと言ってたから遠慮したのかもしれないけど、私が足腰悪いからタクシーでいいっていったんだけどな」と思いながらバス乗り場に到着。
 なんかバス乗り場がいっぱいあって、乗るバスの番号は判るけど、乗り場が判りません。
 案内所にいるおじーちゃんに聞いて、「ここかここの乗り場の202以外は全部大谷廟に行ける」と教えられ、適当にバスに乗ったら、京都を一周してくる便でした。
 隣に座っていた御婦人がそれを教えてくれて、慌てて下車してタクシーに乗りなおしました。
「タクシー代は私が払う言ってるんだから、最初から素直にタクシーに乗ればよかったのに」と言ったら、姉ちゃんたちは「それ早く言ってよ! あんたとこから駅までのタクシー代だと思ってた。何千円も割り勘するのは大変だからバスにしたのに」だって。
 いつ何千円もかかるって言ったの?
 バスで15分の場所だから、タクシーはもっと早いはずだけど……。

 やっと着いて、受付で申し込みをして、読経所に移った時点で、うっかり数珠を忘れたことに気づいて、腕にはめていたブレスレットを外して、さりげなーく数珠の代わりにしました。(笑)
 二体納骨したので、式章を二つにするか、ワンランク上のを一つにするかと聞かれ、三つないとままこになるので、ひとつもらいました。普通は紺ベースでしたが、茶色と白と金とオレンジで、こっちのほうが色合いが私向き。
 ちょっと天気雨が通って行ったけど、帰る頃には上がっていました。

 お昼は駅に戻って、長姉の好みで和食。
 そのあとタクシーで地図を見せて「こうろ」という旅館へ。

 結構大きい旅館でしたよ。
 チェックインしてお茶してから、タクシーを呼んでもらって、下鴨神社へ行きました。

 拝殿の近くで下ろしてもらって、まずは賀茂建角身命と玉依姫命に御挨拶かたがたお参り。
 続いて、申年なので、三言社にお参りして、大炊殿を拝観しました。
 なんか葵の庭のあたりで頭の上に固い物が落ちてきて、「虫が付いてる!」と言われて大パニックしたんですが、虫は見つからず、結局「この辺に落ちている木の実だろう」ということで落ち着きました。(怖かった…)
 末社の神様が降りられる御降臨石に小銭が乗っていたので、私も五円乗せて拝みました。
 なんか、この神社、拝むたびに背中のけん引きのあたりに、ジェットバスの水流のような、気持ちいい水圧みたいなのを感じるんですけど……。
 大居殿は、いろいろ展示してあって興味深かったです。
 御車屋に行く途中、そろそろ閉館するといわれて、慌ただしく見て回りました。
 展示してあった衣装が美しかった。
 イラストやテレビ画面で見ていたのとは、思っていたのとは形状や質感が違ったり、「えっ、これ、こんな色なの?」という驚きもありましたよ。

 お守りやパンフレットをいただいて、おみくじを引きました。
 改名前は地元の神社で六年連続大吉を引き続けていましたが、今回久しぶりに引いたおみくじは「吉」でした。
 吉って大吉の下? 小吉の下?
 神社によって順番が違うらしいけど、下鴨神社の「吉」は縁起のいいようなことばかり書いてありましたよ。 
 
 拝殿の門(?)の外へ出て、今度は御手洗池を回って、相生社で連理の賢木を見ました!
 摂社末社も参拝しながら糺の森をそぞろあるいて、この石があったあたりで、長姉が携帯片手に写真を撮っているのを見て、デジカメの存在を思い出しました。
下鴨神社糺の森
 何のためにカメラ買ったんだよ。連理の賢木も撮りたかったな。
 一人旅じゃないので引き返すとは言えず、森の写真を数枚撮って終わりにしました。

 タクシーで旅館へ帰って、まずはお風呂。
 地下の大風呂は、夜の六時から七時の間は空いていました。
 きれいな檜風呂で、ゆったりくつろげました。
 晩御飯は、京グルメ懐石「舞」。
こうろグルメ懐石1
 すごい量です。左の蓋付き鍋は、私の苦手な小魚とか、いろいろ入ってるのを卵でとじます。
 魚の揚げ物とか、中にアナゴかなんか入ってる料理は魚臭くて食べられなかったけど、食べ残してもおなかいっぱい。お魚入ってない料理もあってよかったです。
 写真撮っていたら、あれこれ急いで運んでくれたんですけど、この後さらに炊き込みご飯と赤だしと漬物がつきます。デザートの和菓子盛り合わせもあったな。
 ゆず風味のお吸い物が感動的に美味しかったんだけど、赤だしは焦げた味がして、自分で作るほうが美味しかったな。
 料理はどれも美味しかったんで(私が食べられなかったものも、姉たちには好評でした)、食べすぎて吐きそうでした。げぇーふ。
 
 ご飯食べたらもう眠たくて、すぐ寝ちゃいました。
【2010/05/14 22:42】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
やっとリビング炬燵セットがそろいました。
 春休みに終わるはずだったリビングの工事が、二週間遅れでようやく終わる目処がついて、先月慌ててコタツテーブルセットを注文しました。
 前のコタツが90×90のローテーブルだったので、今度は椅子生活に戻りたくて、90×90のハイコタツテーブルにしたざます。

 ちょうどディノスに楢民芸調コタツテーブルがあったので、デスクセットと合うと思って、これに決めました。
 でも、コタツは秋冬商品なので、コタツ布団が売り切れていたのです。
 だからネットサーフィンして、いろんなショップを探しまわりました。
 大きなバラ柄の素敵な掛け布団があってよかったです。
 実物は写真より黄色っぽくて、品よく落ち着いた感じで、楢民芸調コタツとよく合います。
 写真じゃわからないけど、プリント柄の上に白いすかし模様も入ってるんですよ~!

 セットの椅子も売り切れで、別のコタツセットのダークカラーのほうの椅子を取り寄せてもらいました。
 ついでに新発売のリクライニングチェアーも買いました。
 コタツテーブルと布団は連休前に届いたんですが、リクライニングチェアは配送の都合で連休明け。
 取り寄せの椅子は11日の予定でしたが、9日に届きました。

 このリクライニングチェア、コタツテーブルに合わせて高さを変えられるから購入したんですけど、フットレストも角度を変えられて、フルフラットにもできるんです。 
 合皮なんだけど、見た目もゴージャスだし、すんごい座り心地がいいです! 買ってよかった!
 
 旅行用にデジカメを買ったので、試し撮り。せっかくだからアップしますね。 

リビング1

 バラバラに家具を注文した割に、まとまっているでしょう?
 カーペットは、なかなかいいサンプルがなくて、最初「四月生産予定」と言われていた淡いローズ地に黄色いバラ柄を選んだんですが、実はずっと生産延期になっていて、再販の見込みが薄いということで、再選考したんです。
「ヨーロピアン調の、ラベンダーか、ピンクか、ベージュか、アイボリー地のバラ柄」という指定でしたが。
 担当者を女性に代わってもらって、「要望に近い品は、これ以上ありません」と言われた中の一つが気に入り、ようやく施工できました。
 こうして見ると、最初に選んだカーペットより、落ち着いていていい感じに思えます。

 カーテンは、本当は前と同じ形のバランスにしたかったんだけど、ブレースという波カッコ形のカットは今はもうできないそうで。円弧形になりましたが、すぐにほぼ希望通りのものが見つかりました。
 遮光カーテンなんですが、ストライプ状に金糸が織り込まれた布地で、花模様も金糸の刺繍で、光が当たると模様が光ってとてもきれいです。
 レースカーテンは、ミラーレースにしようかと思ったけど、風通しが悪くなるとイヤだから、最初に一目ぼれした植物柄の普通のレースカーテンにしたんです。模様が二重になっているせいか、こっちも光が当たると模様が銀色っぽく光ってきれい~。

 ちなみに、椅子が三つしかないのは、奥の窓際の席は、私がもぐって昼寝する場所だから(笑)。
 普通のコタツだと、寝返りを打つと腰に引っかかってコタツテーブルがズルズル移動するんですが。
 ハイコタツは寝返り打ち放題。足もバタバタ動かし放題で、すんごいリラックスできます。(移動しません)
 これで枕元にローテーブルワゴンがあればカンペキ!


 ↓こっちは反対側から見た東南方位、入口横のデスクスペースです。
 机の右手に玄関のホールに続くドア。カーテンがかかった掃き出し窓の左側に、元店舗だった東の倉庫部屋へ続くドアがあります。
リビング2
 
 新築時は、ガラス天板がはまっている、どっしりしたマホガニーのテーブルと、マホガニーの足がついたワインカラーの布ソファがあったんだけど、ソファが傷んでいたので、母が亡くなったころにまとめて処分しまして。
 そのころ、ちょうど姉がパステルで漫画家を始めていて、私の仕事机を定期的にアシスタントさんが使うようになり、姉の修羅場中は仕事場を追い出されてしまうので、ここに私のデスクセットを入れたんです。
 姉が漫画家をやめたので、今はずっと仕事場で原稿を書いています。
 リビングでは、テレビを見ながら作業することが多いのですが、ここに座っちゃうとテレビが見れないんですよ。
 だからコタツテーブルを使っていたんですが、腰がつらくて……早く買い替えたかったです。
 実は足が一本取れていたんですが、リビングの工事が終わるまで家具を増やしたくなくて、ビニールテープを巻きつけてムリヤリ使っていました。(笑)

 床がギシギシ痛んでいたので、ソファーセットすらないリビングでしたが、ようやく落ち着いていい感じになりました。満足。
(実際、上に捨て板を張るだけじゃ済まなくて、一部切り張りもしています。もう少しひどかったら、かなり大がかりな工事になっていたそうで……大変なことにならなくてよかったです)

 壁は、「続き間のダイニングキッチンを工事するとき、同じ材木がないかもしれない」ので、リフォームは見送りましたが。
 天井は、セントラルヒーティングの残骸を撤去して、板で穴をふさいで、前と同じ配色で壁紙を貼ってリフォームしました。
 白い部分の草模様(?)が菱形の格子に代わって、ゴージャス感はちょっぴりダウンしましたが、ヤニで変色していた部分や、埃まみれの残骸が亡くなり、きれいになって嬉しいです。
【2010/05/11 16:14】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
姉夫婦が車を取りに来ました
 前々から「ゴールデンウイークに車を取りに行く」とは言っていたんですけど、自分も旦那ちゃんも腹風邪をひいているとかで、はっきり日程を言わないので、来ないのかと思っていたら、1日に急に「明日、日帰りで行く」と電話がありました。
 ゴールデンウイークでは、連れていくつもりだったレストランの予約は当然取れず、悩んだ末、よく行くスーパーの近くなんだけど、まだ行ったことのないスパゲッティの店、クリエンテを予約。
 午前中に墓参りして、ご飯を食べに行ったんです。
 姉はカルボナーラ、旦那ちゃんはウニ、私は明太子と梅シソのスパゲッティと、パンとサラダとドリンクのセットにしました。
 デザートは、姉がライチ、旦那ちゃんが黒ゴマのアイスで、私がカシスシャーベット。
 取り皿を用意してくれたので、いろいろ味利きできたんですが、私の明太子と梅シソが大当たりでした。
 カルボナーラは、私はどちらかというと苦手なんですが、ここのは甘くなくて塩味が効いて私は好きです。でも、とろっと甘いカルボナーラが好きな姉はイマイチだったようです。
 ウニは…やはり素材がイマイチっぽい…。
 でも、スパゲッティもデザートも、全体的に美味しかったです。

 まだ炬燵セットの椅子がない我が家に移動して、くつろいでいるうち、「昨日チャットしていて寝てない」とかで、姉夫婦が炬燵で寝始め、私は「日帰りって、いつ帰るんだろう?」と様子をうかがいながらDVDを見ていたんですが……結局日付が変わり、私も眠たくなってきました。
 リビングの電気を間接照明に変えて、シャワーを浴びて寝室で寝たんですが、朝方寝室に入ってきた姉に気づいて目が覚めました。
「帰るから漫画貸して」と言われ、貸す予定だった漫画を渡して別れました。

 翌朝帰るのって、日帰りっていうんですか?
 布団を出さなければ日帰りなんですか?
 泊るなら最初からそう言ってくれ~!

 ちなみにこのあと、私は連休いっぱい腹風邪を引いて仕事が遅れました。南無……。
【2010/05/03 22:16】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。