桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
ノベルズ新刊が出ます
 男女モノの花嫁シリーズでお世話になっている、イースト・プレス発行のアズノベルズから、BL版の花嫁モノが発売されます。
 タイトルは「敏腕社長の甘い罠」。
 腹黒い社長と、製薬会社の次男坊で研究開発職員の騙されウサギちゃんの、甘ったる~いラブロマンスです。
 借金のカタに契約花嫁にされて、まあ……いろいろとされちゃいますが、騙されているので恩義に答えようと精いっぱい頑張ってます。
 去年ボーイズパラダイス用に短くカットしたダイジェスト版を書かせていただいたものを加筆修整して、あまった頁に短い海外ウェディングの続編を追加しています。
 今日くらいから店頭に並ぶというお知らせメールは、昨日送られていたんですが、NTT回線のトラブルでネットに接続できない状態が続いていたので、今日受信しました。告知が遅くなってすみません。
 24日には見本誌や店頭用のPOPも届いていましたが、アップできるのは来月上旬です。
 申し訳ありませんが、とりあえずタイトルと著者名と出版社で探してみてください。

 日中は西日の当たる仕事部屋にいると熱中症一歩手前でクラクラするし。
 雨が降ると気温が下がって風邪引いて二~三日寝込むし。
 気圧の変化で腰痛が悪化して、坐骨神経痛で足がしびれて座っていられなくなるし。
 悪条件が重なって、体調不良で執筆中の原稿が遅れているので、ブログのほうも、琴平温泉の日記を書きかけたまま止まっています。
 月末締め切りを来月5日まで伸ばしてもらったので、原稿アップしたら、過去の日記もまとめて更新します。 
スポンサーサイト
【2010/06/29 13:23】 | 商業誌発売予定 | トラックバック(0) | コメント(0)
観光して帰りました
 早朝起きてすぐ、地下一階「花すみか」のデンファレ風呂に入りに行きました。
 そのあと別棟の一階花てらすの日替わり露天風呂へも行きました。風呂三昧です。
花てらす入口
 日替わり露天風呂は、一日目の夜のほうが広かったけど、二日目の朝のほうがお庭がきれいでした。
 食前に温泉をはしごしたせいか、あちしはさすがに湯あたりして、風呂から上がると顔が蒼くなって気持ち悪くなったけど、くまちゃんが休処で冷たい水を二杯持ってきてくれて生き返りました。
 一人で温泉巡りしていたら、きっと行き倒れてた……。

  ↓ちなみに昼間のプールとレストランです。
  朝食は
  ①ライブ感を愉しめる和宴会場
  ②和洋選べるレストランでの朝食
  ③チャペルで味わうヘルシー朝食
   の中から選べます。ワシらは「チャペルで味わうヘルシー朝食」です。
   お庭のプールの向こう岸にあるレストランで、結婚式もやっているようです。
ロケーション
 ↓朝ごはんは、まず地元こだわりの有精卵ポーチドエッグキャビア添え
  キャビアなんて初めて食べたわ。しょっぱうまいです。
  確かグラスの縁に塩が付いていたですよ。
ポーチドエッグ
 ↓目覚めのフレッシュジュース(オレンジ・トマト・ミルク)
  地元野菜のたっぷりサラダ
  トッピングは、ヒアルロン酸ジュレ・オニオンピッツ・生ハム・パルミジャーノ
  ドレッシングは、シーザー・バルサミコ・オリーブオイル・ソルト&ペッパー

  ワシ、もちろん全部かけたよ。
  オニオンピッツがんまぁ~い!
サラダ
 ↓地元オリジナル焼き立てパン
  バターロール・醤油豆パン・黒糖ロール・クロワッサン
  バター・無花果ジャム・琵琶蜂蜜・マーマレード

  醤油豆パンがすげぇんまかった! 何も付けなくていいです!
  いちじくジャムは、子供のころよく食べてた。懐かしい味がした。
  琵琶蜂蜜は、アカシアやレンゲより癖があると思った。
  マーマレードがうまかったです。
パン
 ↓シリアル
  ホントはドライフルーツシリアルなんだけど、ワシはフツーのコーンフレークでした。
シリアル
 ↓デザートは、季節の果物とヨーグルト
果物
 ↓食後の紅茶
  ステキなティーカップで出てきたけど、味はむらしすぎで渋い……。
  自分で淹れた紅茶のほうがはるかにんまかった。
  目覚めのミルクを残しておけば、ミルクティーにして飲めたのに…と後悔。
  お茶も美味けりゃ最高でした。
紅茶

 ホテルをチェックアウトして、海の科学館へ行きました。
 展示してあるのは、船だけじゃありませんでした。
 海の男は手芸が上手なんですね。
 命かかってるから、ロープを結ぶ練習していて上手くなったんでしょうね。
 ラジコンの船で遊んだりできるし。
 入場料は450円なので、お子様連れの観光にはよろしいかと。

 遊んだあとはおひるごはん。
 ↓こんぴらうどんで、醤油かけて食べるうどんを食べてみました。んまかった。
こんぴらうどん
 ↓ここで食べた梅ソフトがめちゃめちゃんまかった。
梅ソフト

 前日も食べた「嫁入りおいり」をトッピングしたアイスもんまかったわ~。
 一日目は目当ての醤油ソフトが終わってて、マンゴー食べた。
 おねーたまが「醤油ソフト美味しい」って言ってたから食べてみたかったんだけど、ワシは醤油よりマンゴーのほうが好きだわ。

  自分用のお土産に、凸凹堂で琥珀のプレスと、フローライト・シトリン・ルチルクォーツのプレスを購入。
 ↓色に惹かれて買ったんだけど、琥珀は樹脂だからか、肌に触れると不快感を覚えるので眺めるだけです。
凸凹堂

 ↓旅館で世界のガラス館のパンフレットを見て、帰りに途中下車して宇多津に寄ることになりました。
宇多津ビル
 ↓きれいな街でした。
  行く途中にステキな教会があります。
結婚式場
 ↓世界のガラス館です。
ガラス館
 ↓駐車場側に海があります。
ガラス館駐車場
 ↓海辺をお散歩してもいいですよ。
海辺
 ↓世界のガラス館で買ったお土産。
  イルカのライト。乾電池をセールスされたので、希望したのに、お金だけ取られていた。
  帰ってから「電池が入ってない」と苦情の電話を入れたら、乾電池だけ宅配便で送ってくれた。
  フリーダイヤルじゃないんだから、フツーお詫びの粗品くらい付けるもんじゃないの?
お土産イルカ
 ↓カエルのカードホルダー
  100円ショップの造花を持たせてみました。
お土産カエル
 ↓トナカイのキャンドルホルダー
  今年の冬は、キャンドルでも灯して、トナカイの首を揺らしてクリスマス気分を味わおうかと。
お土産トナカイ
 ↓階段にぶら下げたくて、サンキャッチャーも買ったよ。
お土産サンキャッチャー
 荷物になるから一個だけ…と思ってたんだけど、くまちゃんが「持ってあげるよ」と言ってくれたので、調子に乗って結構お買物しちゃいました。

 ↓ちなみにガラス館に行く途中、遠目に見えたものが気になって、確認しに行くことになりました。
明治城ヨッパライ
 ↓屋根にもなにやら怪しげな金色のものが乗っています。
  私は「絶対ナメクジだ!」と言い張っていたんですが。
明治城屋根
  どうやら酒樽の蛇口だったようです。
  屋根から見えたヨッパライは、お酒のゆうえんち明治城のオブジェでした。
 ↓屋根の上で踊っているヨッパライどもは、店の正面から見るとシラフです。
明治城シラフ
 ↓浦島太郎のオブジェ。一緒に亀に乗るふりして記念撮影もしました。
明治城ウラシマ
 ↓桃太郎もいます。後ろでバンザイして記念撮影もしました。
明治城桃太郎
 ↓金太郎まで…。隣に立って記念撮影しました。
明治城金太郎
 ↓祈願成酒の鳥居もあります。(笑)
明治城鳥居
 ↓鳥居のそばの巨大な酒瓶。くまちゃんがしがみついて呑兵衛のポーズを取ってました。(笑)
明治城酒瓶
 ↓駐車場の入口のオブジェ。
明治城おかめ
 ↑おかめ↓ひょっとこですね。
明治城ひょっとこ

 さんざん遊ばせてもらったので、ジュースを買って帰りました。
 すげー楽しかったです。
【2010/06/03 23:14】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
琴平温泉に行きました
 大吉方位の幸運をもらいに行くため、友達のくまちゃんと香川の琴平町へ行きました。
 坂出で乗り換えるはずだったのに、おしゃべりしていたら、乗り過ごして多度津まで行っちゃいました。
 駅のホームにガラス張りの休憩所があったので、売店でパンを買って食べながら電車待ち。
休憩所
 予定より少し遅れてJR琴平駅に着きました。
 駅から徒歩5分の場所に、予約した旅館、紅梅亭があります。
 中に入ったら・・・・・・すんごい広くてゴージャスなロビーが・・・・・・。
 人力車の横が、敷地内に源泉がある露天風呂「花てらす」への入口です。
ロビー
 フロントの正面には、記念撮影スポットになっている茶室があるし。
茶室
 ガラスのピアノまである・・・・・・こんなの初めて見たよ。
ガラスピアノ
 宿泊手続きをしながら、優雅にお抹茶とお菓子をいただきました。
ウェルカムドリンク
 琴平の有名な神社、金比羅さんは、登り口から御本宮まで785段、奥社までとなると1,368段もあるそうで。
 最初は「絶対ムリ」とあきらめていたんですが。大門までの365段を籠で上がれると知り、「無理だったらすぐ引き返そう」ということで、旅館で杖を借りてお参りに行きました。
 風は涼しいけど、すごく日差しが強くて、現地で緑のつば弘帽子を調達し、上り口で籠に乗って出発!
籠
籠屋「今日はいい天気だけど、昨日はすごい雨だったんですよ」
ワシ「天気予報は晴れだったのに?」
籠屋「山なので天気が変わりやすいんです。今日は晴れていてよかったですね」
ワシ「私晴れ女だから大丈夫」
くま「あんまり蒸し暑くても困りますけどね」
ワシ「適度にに晴れて、すごく暑くもならないから大丈夫」
くま「気温調節機能つきですか」
 などと、籠屋さんやくまちゃんと会話しながら、上を目指します。
 籠屋さんは元自衛隊員だそうで、すごい速さで階段を上っていくんですよ。
 籠に乗らなかったくまちゃんは、「ついていくのが大変だった」と言っていました。
「若い人が籠に乗るのは珍しい」と言われたので、利用するのはじいちゃんばあちゃんだけかと思ったら、子供を籠に乗せて上がる人も多いみたいです。
 だいたい一日5往復くらいするそうですが、この日は閑古鳥だったらしく、私が初めての客。
「姫が通ります、道を開けてください」とか言いながら道の真ん中を進んでいくので、すごい注目を浴びます。
 観光客の外国人とも目が合いましたよ。ハッキリ言ってさらし者。
 でも、乗り心地は悪くないし、「若いのに、どこか悪いの?」という囁きを気にしなければ、お大尽気分を味わえます。
 ちなみに「26歳の時に初めて腰を悪くして・・・…」と言ったら、「え? 26歳? それって最近ですよね?」と聞かれました。
 いいえ。それは遠い昔です。
 でも、「二十代前半だと思っていた」とか言われたら、実年齢はさすがに言えず、笑って誤魔化しました。
 籠から下りると、くまちゃんに「姉さん、帽子かぶっててよかったよ。後ろからすごい勢いで写真取られてた」と言われました。
 後ろをついて歩いていたくまちゃんが、道行く人に「あれはおいくら?」とか聞かれていたようです。
 ちなみに往復6800円でした。

こんぴら狗
 ↑大門の向こうには「こんぴら狗」の像があって、みんなナデナデしていました。
こんぴら象
 ↑象の像もあります。

 神馬もいます。
 トウカイスタント
 ↑こちらがトウカイ・スタント号。競走馬みたいな名前ですね。
月琴号
 ↑こちらが月琴号です。

 私は十畳の和室を予約していました。
 大きな風呂でのんびりしたかったので、予約が少ない日を狙って予約しました。
 こんぴら詣りから帰って案内された客室は……なんと、和洋室のスイートでござった。
 ランクアップの前置きなしに連れて行かれたので、予約を間違えたかと思ったんですが。
 スイートといっても、マッサージチェアとか客室露天風呂がついてる花倶楽部ではなく、女性専用階と思われる「桜」の中の一番いい部屋です。
 ↓これが和室。
和室
 ↓これは和室の隣の応接間
応接室
 ↓応接間の奥は大きな鏡がついた畳コーナーもあり。ここで浴衣に着替えられます。
更衣室
 ↓和室を出ると、クローゼットとお茶セット置き場が…。
  クローゼットには消臭シワ取りスプレーとか、寝巻用の浴衣、部屋着用の簡易浴衣などが入ってます。
  部屋に置いてある浴衣のほかにも、おしゃれな色浴衣と帯を貸してくれます。
お茶せっと
 ↓和室だけでなく、ベッドの正面にもテレビがあるので、チャンネル争いしなくてすみますよ~。
冷蔵庫
 ↓ツインのベッドもあるのでち。四~五人で泊るとスイートでも安上がりにょ。
ベッド

 ご飯の前に、地下一階にある「花すみか」のバラを浮かべた露天風呂と、ジャグジーつきの泡露天と、瓶露天と、サウナと、檜の内風呂をはしごしました。
 たくさんお風呂があるので、よっぽど混んでいなければ、自分たちだけでどこかの湯船を占拠できますよ~。

 ↓晩御飯でござる。
  イカのお造りは、部屋に板さんが来て切ってくれました。こんなの初めて~。
板さん
 ↓おしながき
  食前酒 オリジナル梅酒(あたちはオレンジジュース)
  前菜  小鉢五種盛り
  造り  針魚姿造り ほか四種盛り
  焼物  特選牛焼きしゃぶしゃぶ
  酢の物 鰆のたたき

      ここまででもう満腹でござった。
夕食
 ↓あとでお鍋に火を入れてくれます。
  台の物 瀬戸の赤鶏つみれ鍋こんぴら味噌仕立てちゃんこ風
  油物  桜海老大根餅饅頭

ちゃんこ
 ↓アレルギーもちの私には、炙りにぎり寿司と鯛の潮汁を用意してくれました。
  もう入らないくらい腹いっぱいだったけど、寿司は見た目も味もよかったので詰め込みました。
炙り寿司
 ↓ふつうはちりめんじゃこの炊き込みご飯と生姜の吸い物と漬物らしい。
  生姜の吸い物は飲んでみたかったわ。
くまちゃんのご飯
 ↓最後にデザート。和三盆ロールとわらび餅フルーツ添え。
  うまかったー。腹二十分目くらい食べた。ぽんぽんでしゅ。げふぅ。
デザート

 ご飯のあとは、予約していた8階の貸し切り露天風呂月湯に入ってきました。
 下界を見下ろせる薄暗い露天風呂ってのもいいですね~。
 ペルセウス座流星群の時期だったら、もっと風情があったかも。
 ちなみに私、大火球を見たことありますよ~。

 貸切露天のあとは、ロビーで休憩がてら記念撮影して、一階にある日替わり露天風呂の花てらすに行きました。
 基本的にはこんぴらさんのアルカリ単純温泉を引き湯しているようですが、お庭の風呂だけ、ホテル敷地内に源泉があるナトリウム-カルシウム塩化物温泉です。
 実は塩風呂に入るのは初めてです。
 お庭のプールの向こうに、朝食を予約している館内のレストランが見えます。
プールサイド
 ↑フラッシュモードと、↓たいてないモードです。
夜のプール
 ↓ちなみに、お庭のプールはLEDライトのイルミネーションがきれいでちた。
イルミネーション

 お庭の露天ぶろは、男女日替わりで「うきくも」「そよかぜ」にわかれています。
 一日目の夜は「うきくも」。室内の大浴場とつながっている露天風呂があって、外に石風呂・岩風呂があって、立ち湯のところに打たせ湯があります。
【2010/06/02 23:04】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。