桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
じーちゃん詐欺?
 土日に追加サービスをお願いしたヘルパーさんに、土曜日に寝室の窓を磨いて貰って、日曜日にはホースを二階に引っ張り上げて二階の網戸を洗ったり、ホースで水を掛けられる仕事場の掃き出し窓と腰高窓の雨戸とサッシを洗ってもらいました。
 でも、ベランダに面していない南側の腰高窓のサッシは汚いままなので、一箇所網戸が嵌まっていません。
 仕事場の窓が三面残っているので、九月の第一金曜日も追加サービスをお願いしました。
 来月は第二週の火曜日の定期サービスを、第一週の火曜日に変更してもらっているので、頑張っておねーたまが来るまでに終わらせたいと思います。

 今日は寝室の北側の掃き出し窓一式と、東側の腰高窓一式のカーテンを洗濯しました。
 前回、東の掃き出し窓のカーテンを前傾姿勢で洗濯して、思いっきり腰を痛めたので、今回は百円ショップのレインコートとレインパンツとポリエチ手袋とバスブーツとマスクで武装して、風呂椅子に座ってやってみました。
 まるでサウナスーツ着ているみたいに汗だくになって、今日は六回も着替えましたよ。
 しかも、百円ショップのレイングッズが肌に張り付いて、脱ぐと破れちゃって、四組のカーテンを洗濯するために、四組のレイングッズが必要でした。
 ちなみに朝一番でご飯食べながら洗濯した衣類をベランダに干したあと、午前十時からカーテンの洗濯を始めて、オヤツ休憩と昼ご飯休憩をはさんで、全部終わったら午後五時過ぎてました。
 くたびれたー。
 さすがに腰が痛くて、左足を引きずりながら接骨院に行って、今日も下肢を念入りに施術してもらいました。
 明日はさすがに朝起きれないと思いますが。サウナスーツ状態で風呂椅子に座って頑張った甲斐あって、東の掃き出し窓のカーテンを洗濯したときより、腰の痛み具合に少し余裕がある感じです。
 アタシはヨレヨレだけど、寝室はきれいになってスッキリサッパリ~。
 しばらく東側の腰高窓以外カーテンを吊るしてなかったので、雨戸締めっぱなしで薄暗かったですが。
 寝室だけは全部カーテンを吊るせたので、明日からやっと雨戸も窓も開けられます。
 あとは仕事場の窓周りがきれいになったら、今年の夏の目標を達成!
 酷暑が続くのは九月半ばまでらしいので、それまでに大物の洗濯を終わらせないと。

 
 接骨院から帰って晩ご飯を食べたあと、留守電が入っていることに気づきました。
 一件はヘルパーさんの派遣会社からでしたが、もう一軒は、ろれつが回っていなくてよく聞き取れません。
 何度か再生して、「けーこさん」だか「えーこさん」だか「せーこさん」だかわかんないけど、女の人の名前を呼んで、「じーちゃんじゃけど、ばーちゃんが具合悪いけぇ、折り返し電話ください」とか言ってるみたいなんです。
 私の母は「けいこ」だけど、もう十九年と四ヶ月くらい前に亡くなっているんですが…。
 ちなみに父方の祖父も、私が子供の頃亡くなっています。最初に体験した近しい人の死が、父方の祖父でした。
 母の実の父は、母が生まれる前に亡くなったそうです。
 母の義理の父親はアル中で、前の家に住んでいた頃は祖母とうちに来て、両親の前でお互いを罵り合っては殴り合いのケンカをしていたので、係わり合いになりたくなかったです。
 酔ってタイガーマスクのお面かぶって、町を徘徊したりする困ったじーさんだったので、母も「相手にしちゃダメよ。向こうから声をかけてきたら、他人のフリして逃げなさい」と言ってました。
 小学校五年生のとき、電車で四十五分離れた都市から今の家へ引っ越してからは、まったく会っていません。
 その、母の義理の父が酔って電話をかけてきたのかなーと思って、正直途方に暮れました。
 長姉に電話してみたら留守電だったので、双生児の姉に電話しました。
「なんか、よく携帯にかかってくる、旅行代理店や知人を装った変な電話みたいに、ハッキリしゃべらないからよくわからないんだけど、義理のじーさんなんかなぁ?」
「でも、いくらなんでも、お母ちゃんが死んだことくらい知っとろう?」
「とーさんが死んだことは知らんかもしれんけぇ、もしうちにかけてくるなら、とーさんの名前を言うよなぁ?」
「アルツハイマーになって、お母ちゃんが生きとる頃に記憶が戻って、うちに電話かけて来たんかなー?」
「じーさん、お母ちゃんの葬式に来とった?」
「ばーさんと種違いの弟だけじゃったろ? 祖母さん一人で暮らしとったし。離婚したんじゃないん?」
 などと二十分くらい話したあと、やっと長姉と電話が通じました。
「離婚なんかしてないよ。じーさんはとっくに死んどるじゃろ。『アル中で食事しないで酒ばっかり飲んで、体壊して死んだ』って、お母ちゃんから聞いたもん」
「……え?」
 そんな話初耳です。
「祖母さんは生きとったらもう百歳くらいやで。じーさんのほうが若かったけど、もし生きとったら九十五歳超えとるで?」
 私、じーさんの歳を知りませんでしたが、電話の主は、軽く九十歳を超えてる声には聞こえませんでした。
「きっと間違い電話かオレオレ詐欺じゃけぇ、絶対電話したらいけんよ。間違いなら二度とかかってこんけぇ」
 双生児の姉にその話を電話すると。
「死んだことは知らんかったけど、そういえば、酒と味の素しか口にしてなくて、体壊したって聞いたことある」
 と言ってました。
 変な留守電に動転して、思わず姉ちゃんたちに電話かけちゃって、今日はオレオレ詐欺の被害に遭った人の気持ちがちよっとだけ解った気がします。
 
スポンサーサイト
【2010/08/31 01:22】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
また腰を痛めました
 火曜日はヘルパーさんが来るので、二階の寝室の窓ふきをしてもらって、カーテンを洗濯することにしました。
 汚い話ですが、もう十五年くらい洗濯してなくてバッチイので、触ったら手を洗いに降りずにはいられないので、今年こそ洗濯すると決めていました。
 バスタブで漬け置きすると腰に負担がかかるし、滑って肩を痛める危険もあるので、大きなタライも買ってきました。
 漂白剤に漬けてジャブジャブしたら水が真っ黒になって、四~五回変えなきゃ透明になりませんでしたよ。
 レースカーテンはもう、うっすらグレーに変色しているし、ドレープカーテンは、陽が当たる部分が褪色しているので、一階のリフォームが全部終わったら買い替えたいです。(できれば仕事場のカーペットも…)
 まだ倉庫部屋のリフォームと、和室の床の修繕と、天井のセントラルヒーティングの残骸撤去を含むダイニングキッチンのリフォームが残ってるから、当分現状維持で我慢しないといけないけど。

 寝室は掃き出し窓2ヵ所、腰高窓1ヵ所なんですが、二時間だと掃き出し窓一枚がやっとで、雨戸が一枚拭けてない状態なので、今月はあと二回追加で入ってもらうことにしました。
 洗濯は、掃き出し窓のレースカーテン一対と、ドレープカーテン一対を洗って、ヘルパーさんが帰ったあと、一人で吊りました。
 うぉ…、洗濯のしすぎで腰がぁぁ…!!! 坐骨神経痛がぁぁ……っっっ!!!
 かなりヤバイ状態になって、慌てて接骨院に行きました。

 うーん、やっぱ洗剤がかからないよう、前屈みでジャブジャブしたのがまずかったんだろうな。
 さすがに汚れすぎていてクリーニングに出すのは恥ずかしいので、今度はポリエチ手袋と百円ショップの雨具とバスブーツで完全武装して、風呂椅子にまっすぐ座ってやってみようと思います。(なんか、熱中症になりそうだけど…)
 掃き出し窓があと二枚。腰高窓が三枚よ。ガンバレ、自分!
 一階の東の倉庫部屋をリフォームするため、原稿や在庫や梱包資材なんかをリフォーム済みの西の部屋に移す作業もあるし。当分接骨院通いが続くな……。

 というわけで、水曜日は午前中に接骨院に行って寝てました。
 今回は尻も痛いので、座るのがきつくて~。
 でも、昨日は朝三時間ほどベッドから起き上がれなかったけど、今朝はどうにかすぐ起きられたし、どうにか座れる程度に回復したので、午前中に接骨院へ行って、午後から今月の日記をまとめて書きました。
 そろそろ腰が限界なので、横になって録画番組でも見ようと思います。
【2010/08/26 19:20】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
体調崩しがちです
 今週は火曜日にヘルパーさんが来るので、庭の草取りを頼みました。
 アチシはせっせと紙ごみをシュレッダーにかけたり、腰に負担のかからない範囲でお片付けをしたり、しばらく放置していた家計簿をつけたりして過ごしました。
 一月発行予定の文庫の方向性はOKもらってたんで、そろそろプロットでも…と思っていたら、予定より二~三日早く月の使者が来て、腰痛のあまり動けなくて日曜日まで寝てました。
 月曜日は接骨院に行ったついでに買い物したりして、帰宅してから頭痛がすると思ったら、また熱出しちゃった。
 水曜日には、洗濯したり、食い散らかしたものを片づけたりできるくらいに回復して。
 お片付けついでに、ボランティア団体に寄贈する服や靴をメンテナンスして荷造りしました。
 金曜日は接骨院帰りにタライを買いに行って、ついでにお惣菜屋さんで買い物して、「今日が賞味期限の、四国で作ってるおせんべい」とやらをもらったので、昼御飯のあとデザート代わりに少し食べました。
 しばらくして、お腹痛くて下痢しちゃって。「何がまずかったんだろう?」と思いながら、夕飯はもらったお煎餅で済ませることにしたんですが。
 なんか…ほぼなくなってきたところで、また腹が痛くなって、水下痢と吐き気でトイレから出られなくなりました。
 少し落ち着いてから、もしやと思って煎餅の成分表を確認したら……「甘味料 甘草」と書いてあるじゃないですか!
 うわー、煎餅が腹痛の原因だー!
 スナック菓子や佃煮は、ときどき甘味料に甘草が使われているので、気をつけてはいるんですけど。
 昔懐かしの素朴なお煎餅では見たことないから油断したー!
 
 実は、病院とかでよく使われているアレルギーの治療薬は、甘草の抽出物だったりするんですが。
 私はリコリス(甘草)のハーブティーで口腔から腸までの粘膜が腫れ、味覚障害・咳・痰・腹痛・下痢・じんましんと、思いっきりアレルギー反応を起こしてしまって、煎じた甘草(の、おそらく渋が)がアレルゲンだと判明しました。(煎じた汁は甘いらしいですが、私は口が痺れるような渋みしか感じません)
 
 もらった菓子を確認せずに口にした、いやしい我が身が口惜しい…。
 とりあえず、じんましんも出ていたので、手持ちの抗ヒスタミン剤と腹痛を抑える薬を飲んで早々に寝ました。
 土曜日は腹痛のあまり起きられず、病院に行きそびれて、土日はヘロヘロ……。
 今朝病院に行って、注射と薬を処方してもらって、ようやく落ち着きました。
【2010/08/23 18:10】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
旦那ちゃんも来ました
 土曜日はおねーたまの旦那ちゃんが、墓参りがてら、おねーたまを迎えに来ました。
 朝十時に三人で墓へ行って、旦那ちゃんのリクエストでモスバーガーへお昼ご飯を食べに行って、家に帰ってから三人でDVDを観ました。シンケンジャーの特別幕と、トオリミチです。どっちも予約で買ったのに、忙しくて見る暇がなかったんです。(ご飯時や休憩中は、テレビ番組を優先的に見て消さないと、HDDがいっぱいになって録画できなくなっちゃうから……)
 二時過ぎごろ、おねーたまがカンタクのお友達にローラーシューズとかをもらってもらう約束をしていて、旦那ちゃんと出かけたので、帰ってくるまで仕事の続きをしていました。
 すごく道が混んでいたそうで。
 そう言えば、金曜日に接骨院に行ったとき、今週の土曜日はどこもかしこも夏祭りだと聞きました。その影響かもしれません。
 どうやら土・日連日祭りの町内会はうちとこだけみたいですけど。
 混んでいるので祭りを避けて夜9時過ぎて帰ることになり、夕飯は「銀のさら」で「大トロ祭」のお寿司とお惣菜を頼みました。
 初めて注文したけど、ネタが厚切りで、予想していたよりずっと美味しかったです。
 前に親戚連れで行った回転寿司(それが回転寿司デビューでした)は、醤油で味をごまかして食べたくらいまずくて、「二度と行かない」と思ったけど。
 味も満足できたし、注文した段階でお値段が判っているので(私が注文内容を決められるので)、「やっぱ回転寿司に連れて行くくらいなら、宅配寿司を頼むほうがいいな」と思いました。
 
 満腹した旦那ちゃんは寝てしまい、おねーたまは車に荷物を運んでいたので、ご飯のあとも仕事の続きをしていたんですが。
 突然おねーたまが「お手当てして」と、仕事場に入ってきました。
 どうやらサンダルのヒールを引っかけて、頭から突っ込むように車から落ちかけて、頭をかばった右腕にでっかい引っかき傷を三~四本作って、膝小僧をすりむいて血を垂らしていました。
 左手も、腕や掌や指を捻挫したようです。
 こ…こえーな。
 とりあえず、土で汚れていたのでシャワーを浴びさせて、その間に手当の用意をしました。
 ガーゼや傷あてパッドはあったけど、サージカルテープもシップメイトもネット包帯も切らしていたので、昔膝か足首の固定用に使っていた太い包帯と、ストッキングタイプの長靴下を使って固定しました。
 なんかもう疲れたらしくて、「ひと眠りして、明け方帰る」ということで、「じゃあ、私、今年は町内会のブロック長で、明日は九時に夏祭りの強制労働があるから、明け方帰るなら、合鍵使って勝手に帰って」と言っておいたんですが…。

 朝起きたら、おねーたまと旦那ちゃんがテレビ見てました。
「仮面ライダー見て帰っていい?」
「…いいけど。私、八時四十五分には家を出ないといけないから、私が出かける時間には帰ってね」
 というわけで、私が家を出る際に帰ってもらいました。
 
 夏祭りの強制労働は、茹でた枝豆をうちわで扇ぐ係でした。
 立って作業できる軽い仕事でよかった…。
 鍋を持ったり、前傾姿勢を取ったりするような仕事だったら、確実に腰痛めちゃうから…。

 ちなみに、おねーたまと旦那ちゃんは九時には高速に乗ったのに、玉突き事故で渋滞して、着いたのは昼過ぎだったそうです。
 なんか、自宅の近くで買った傷薬が合わなくて、すごい痛くてすぐに洗い流したけど、痛み止め飲んでもうんうん呻いちゃうほどで、旦那ちゃん、夜寝られなかったそうです。やれこら。

 アチシは腰の具合が悪化することもなく、仕事を終わらせて荷造りしました。
 これで、月曜日に接骨院に行くときに出せば、〆切までに校正紙を返送できます。
 連絡ついでに、来年1月発売予定の「不敵な狼男」の大まかなイメージを書いてメールしておくつもりです。

 
【2010/08/08 17:17】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
腰がギクギク
 今日は朝からおねーたまの毛布類を洗濯して、取りこんだあと、昨日選別したおねーたまのタンスの肥やしを売りに行きがてら、買い物に出ました。
 このところ頑張りすぎてすごく腰が痛かったけど、我慢してたら、古着屋の向かいの百円ショップで、ついに足を踏み出すたびに腰がギクギク鳴り出して(その瞬間は呻き声や声なき悲鳴を上げるほど痛いです)、下肢が痺れて立っているのもつらい状態になって、おねーたまに運転を代わってもらいました。
 本当は月曜日に接骨院に行くつもりだったけど、このままだと土日の予定に差し支えるので、帰りがけに接骨院に寄ってもらいました。
 いつもは女性スタッフに、春に打撲した肋骨周辺にマイクロカレントを、腰に超音波を当ててもらってから、先生に施術してもらうんですが。今日は先生が腰と坐骨神経痛のツボに超音波(?)を当ててから、下肢を念入りに施術してくれました。
 タオルをかけた上から、揺するようにしてツボをギュウギュウ押したり、さするような感じでマッサージしたり、足を引っ張ったり、腰のストレッチをしたりして、体の向きや態勢を変えながらいろいろしてもらったら、なんとか歩けるようになりました。やれやれ。
【2010/08/06 16:56】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
お盆法要です
 先週の水曜日に風邪っぽくて病院行って、薬飲みながら九月発行予定の「過激な狼男」の著者校正やってたんだけど、土曜日から熱が出てきて本格的に体調崩した揚句、お腹が下り始めて大変でした。
 火曜日はゲリしつつも、頑張って一人で和室を掃除して、水曜日は午前中におねーたまのベッドパッドや、クリーニングに出した私の掛け布団のシーツを洗濯して、病院と接骨院をはしごして、仏壇用の花を買ってきました。
 婚家が旅館を経営している長姉は(初盆は来たけど)毎年お盆は忙しくて来れないんですが、双生児のおねーたまは水曜日の夜こっちに着きました。
 法要は夕方なので、おねーたまが西の部屋で処分するタンスの肥やしや、持ち帰るお洋服の整理をしている間に、ワタシは校正の続きをしていました。
 などと書いているのは、実は26日だったりします。
 
 
【2010/08/05 19:41】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。