桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
過激な狼男
過激な狼男
セシル文庫 (2010年9月18日発行!)
早いところだと16日または17日くらいに書店に並んでいるかもしれません。

 今回は、1月刊の【危険な狼男】続編。子連れ狼男とツンデレ(?)受の『新婚蜜月編』です。

あらすじ
 
 ひょんなことから狼男の親子と暮らすことになった滝川真筝は、男同士ながらもラブラブな新婚生活を送っている。
 3歳と、まだ幼い子狼のルカは、変身が自由自在にできず、月の満ち欠けによって変わってしまうため、苦労することもあるのだが、真筝に日々の張り合いを与えてくれ、かけがえのない存在として愛情を注いでいた。
 そんな中、知り合った大学生にルカの秘密を見られてしまい――!!
 
 
 今回の蜜月編は、ほとんどが満月期なので、かなりの割合で発情しています。
 来年1月の発行予定も狼男の続編に決まったのですが。
「2巻めはエッチシーンが多かったので、3巻めはHを減らして、ルカとのホームドラマ要素を多めにしてください」と編集さんに言われました。
「エッチシーンをもっと増やしてくださいと言われた」という話はよく聞くけど、「減らしてください」と言われるBL作家って、ほかにもいるんでしょうか?(苦笑)
 見本誌を見た姉は、「ほかの人の口絵はラブシーンなのに、アンタの本って、いっつも違うよね。BLとしては、ちょっと間違っているような気がする……」と笑っていましたよ。
(いや、ラブシーンの口絵もたまにはあるんですが、とっても数が少ないので、忘れられているようです) 
 
 今回の口絵も、子狼のルカがカラーで元気よくバーンと描かれていて、すんごいラブリーです。(笑)
 受キャラの真筝は感情表現が苦手なツンデレ(?)なので、その分ルカが「幼児と獣耳&尻尾キャラと子狼」で、今回も読者さんに3倍「可愛い」をアピールしています。(笑)
 あ、でも、今回はデレ期に突入しているので、ツンが少ないかも。
 ルカの無邪気なセリフに困惑する真筝は、私的には可愛げがあってムラムラするほどツボでしたけど。
 読者の皆様にも、狼男親子と真筝の物語の続きを、楽しんでいただけると嬉しいです。

 ちなみにホームドラマと蜜月ラブシーンに、今回もちょっとした事件を絡めています。
 前回は遠目のシルエットでしか出なかったんですが、今回はルカと真筝を助けに行くとき、司狼も変身させてみました。挿絵も入っています。
 どうやら真筝は「狼姿の司狼さんも好き」らしいです。
 ワイルドでカッコイイと言われて、司狼もちょっといい気になっています。
 さて。狼姿でじゃれついた場合、真筝の反応はどうなるんでしょうね。
 そんなシーン描いてないけど、マニアックなので、思わずいろいろ妄想してしまいましたよ。
スポンサーサイト
【2010/09/18 23:55】 | セシル文庫 著書 | トラックバック(0) | コメント(0)
おねーたまが帰りました
 水曜日が破砕ゴミ、木曜日が燃えるゴミ、金曜日がプラスチックゴミの日なので、14日の夜に二人で姉の机周りのガラクタを整理して、15日に紙ゴミをまとめて、ゴミ出ししてもらいました。
 嫁入りが決まったときから「家を出る前に掃除しろ」とせっついたのですが、お片づけが苦手な姉は遊び歩くのに夢中で、不用なガラクタや紙ゴミを放置したまま出て行ったので、私がオフのときに時々生理整頓しに帰らせています。
 16日まで姉の机の中の不用品を整理していたので、さらに大量の紙ゴミが出ましたよ。
 まだ机の下は手付かずですが、時間切れで、残りは12月の三回忌法要の前に早めに来て整理してもらう予定です。
 プラスチックゴミも大量にたまっていたるんですが、午前四時に力尽き、今日は昼前に起きたので捨てそびれました。
 昼ごはんのあと、前回来た時に姉が選り分けていた(太って着れなくなった)タンスの肥やしと、秋冬物の箱の中身を整理して、姉を駅まで送っていきがてら、古着屋さんに売りに行きました。
 嫁に行く前に7号やSサイズの服は処分したんですが、嫁に行ってさらに太ったので、もう9号やMサイズも、小さめのものや、旦那ちゃんの好みに会わない服を処分することにしたようです。
 大分すっきりしましたが、嫁に行く前にサイズアップして買いそろえた服も入らなくなったらしいので、それを持ってきて、「痩せるまで置かせて欲しい」と言っていました。
 本当に痩せられるのか~?
 ちなみに、ほとんどの服が腹がミチミチで目立って恥ずかしいことになっているらしいので、今回も今の時期にに着られるような私の服を何着が譲ってやりました。
 頑張って痩せて、自分の服が着られるようになれよ~。
 そして、ちょっとずつでも置き服を持って帰っておくれ。永遠に倉庫代わりにされても困るから。
【2010/09/17 23:55】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
おねーたまが里帰りしました
 今朝はすんげぇ冷え込みました。
 一昨日も、明け方肌寒くて「もう長袖で寝ないとダメね」と思ったけど、夕べは寝入りばなも寒くて眠れなくて少しヒーター入れたし、明け方も寒くて起きる前にヒーター入れてました。
 実は夏の間に掛け布団をクリーニングに出していて、もうできているんだけど、肩を壊したせいで自力で回収にいけなくて、夏用の肌掛け布団で震えていたわけです。
 夜に来る予定だった姉ちゃんが、少し早めに来てくれたので、クリーニングに出した布団を回収しに行けたので、今夜からようやく普通の布団で寝られます。

 なんか、冷えからくる風邪を引いたみたいなので、午前中に病院に行ってから、接骨院に行きました。
 実は先月下旬、漂白剤を薄めた水で濡れたマットを踏んだり、しずくが腕に伝い落ちて来たせいで、あちこちアレルギーで痒くなっていたんです。
 特にマットを踏んでしまった足の裏は、最初ジンジン熱くて痛くて痺れてたんだけど、しばらくしてガサガサになって、うろこ状にひび割れて痛かったんですよ。
 病院でついでにそれを相談したら、保湿ローションをくれました。
 姉も足の裏がひび割れて困っていたみたいなんですが、それをつけて「これすごい! 一回吹いただけで足ツルツル! 私が買った足の裏の角質を落とすローションずっと効く。私も欲しい」と言ってましたよ。
 脚の裏がガサガサにひび割れて困っている人は、病院で相談するといいと思います。
【2010/09/14 23:59】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
差し入れもらいました
 今日は夕方までベッドでゴロゴロしてました。
 朝目覚めたときはは節々が痛くて起きるのがつらかったけど、日にち薬だからか、午後からは大分痛みが軽くなりました。
 夕方、くまちゃんが仕事帰りにベーグルを差し入れてくれました。
(チョコはその日の晩ご飯、カボチャは翌日の朝ご飯。プレーンは、カボチャとサツマイモのサラダを買ってきて、サンドイッチにして食べましたよ。美味かったー!)
 しばらく話をして、くまちゃんは殿の女子高生姿を見たことがないそうなので、一緒にDVD(トオリミチ)を見ながら殿の話題で盛りあがりました。
 見終わった頃、予約していた「戦国BASARA」が始まったので、話がそっちに飛びました。
 くまちゃんは、ワシの好みは上杉謙信だと思っていたそうです。
 確かに、謙信とかすがの漫才みたいな会話はいつも大ウケしていますが。
「ワシ、伊達政宗と前田慶次と竹中半兵衛が好きなんよ。伊達さんは『兄貴ーっ!』って感じで憧れる。前田慶次は普通に好き。そんで、竹中半兵衛は女王様前チックですげー好み。こんな人に傅かれてみたいよね。こいつはダメだと思われたらあっさり見限られそうな(いかにもクールそうに見える)、そんなスリリングな貴方がスキ」とかほざいていたら笑われました。
 黒執事の話題でも盛り上がりましたよ。
 殿や伊達さんの声も好きなんだけど、セバスチャンの声もエロっぽくてすげー好きなの。
 どうもワタクシ、意外と声にやられちゃうこと多いみたいですねぇ。
 ちなみにファーストシーズンの放映中、グレルさんの物真似をして姉に「似てる~!」とウケたことがあります。(笑)
 
【2010/09/12 23:55】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
右肩も痛めました
 今月3日にもホームヘルパーの追加サービスをお願いして、引き続き窓掃除をしてもらいながら、せっせとカーテンを洗濯し、ヘルパーさんが帰ったあとで、本棚や机のキャビネットの隙間に掃除機かけてました。
 なんか、掃除中に右肩を痛めたらしくて、「後ろに引くとちょっと痛いなぁ」と思いながら、漂白剤に浸け置きしていた掃き出し窓の(濡れてすげー重たい)ドレープカーテンを引張りあげて洗濯機で洗濯して吊るしました。
 カーテンを吊るす間に痛みがひどくなってきて、ヤバイと思って、接骨院へ行ったとき右肩の治療もしてもらいました。
 そんでもって、夜、寝返りを打った拍子に背中にビキッと痛みが走って、右肩が四十五度くらいまでしか上げられなくなってしまいました。
 何もしなくても痛むので、ご飯は嚢パンとか、おにぎりとか、お惣菜を買ってきて冷凍して、飲料も豆乳パックや、買い置きの500ミリリットルのペットボトルで済ませて、洗い物を出さないようにして生活してました。
 ホームヘルパーの定期サービスを一週繰り上げて、7日は残っていた腰高窓を掃除してもらって、カーテンの洗濯も手伝ってもらって、吊るして帰ってもらいました。
 でも、時間の関係でレースカーテンだけは自分で浸け置きしておいたので、ちょっと痛みがぶり返しました。
 濡れた洗濯物がたまっていて、カビが生えても困るし。タオルが底を突きそうになったので、洗濯機に洗濯層クリーナーを入れて回しておいて、水曜日にはタオルと服を洗濯して部屋干しし、木曜日には、たまっていたバスマットやら大判タオルやら服やらを洗濯して外干ししました。
 そしたらすんごい背中痛くなっちゃって、金・土は痛くて接骨院行ってゴロゴロ寝て過ごしました。
 ねーちゃんが来るまでにいろいろやっておくつもりだったんだけど、予定が狂ってしまいましたよ。

【2010/09/11 23:04】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。