桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
不敵な狼男
不敵な狼男
セシル文庫 (2011年1月18日発行!)
早いところだと16日または17日くらいに書店に並んでいるかもしれません。

 今回は【危険な狼男】の三作目。子連れ狼男とツンデレ(?)受の『破局の危機!?編』です。


あらすじ
 
 狼男の父子と暮らし始めてから「愛される喜び」を感じ、幸せな日々を送っている真箏。
 でも絶倫の狼男とのエッチ生活は時々身体が辛くなることもしばしばで、つい司狼とケンカしてウチからたたきだしてしまうことも……。
 感情表現が苦手な真箏にとって、全力でぶつかってくる父子との生活はとまどいもあるが、子狼のルカは可愛いので、なんとかママとしてがんばろうと奮闘しますが……!?
 
 今回は、司狼の仕事関係でトラブルが発生するんですが。
 新月期の家族サービスや、ハロウィン、司狼のバースデー、ルカのバースデー、クリスマスイブ、大晦日~元旦と、ホームドラマもあれこれ盛り込んでおります。
 プロットの段階では、ハロウィンネタはなかったんですけど、うっかり10月を30日で計算したのか、事件が起こる日にちの計算を間違えたのか、月齢が1日合わなくて。ハロウィンネタを足したらちょうどよかったので、1章増やして増ページとなりました。
 ハロウィンのコスプレが口絵になっていて、ルカがめちゃめちゃカワイイです~!
 まこちゃんのコスプレも似合ってますが、どんなコスプレをしているのかは、実物をごらんください。
 本文の挿絵には、司狼のコスプレ姿も描かれています。大喜びするルカを微笑ましげに見ているまこちゃんも楽しそうです。
 トミーズカフェでイヤイヤするルカとか、おびえて泣くルカとか、必死で頑張るルカの姿がどんなふうに描かれるか楽しみでしたが、可愛くて思わず二ヤ~ッと頬が緩んでしまいました。
 ちなみに、表紙のルカのパーカーは、もしかして司狼からのバースデープレゼントのアレじゃないかと思うんですが……。
 
 この三作目で、真箏がルカ&司狼と出会ってから、ちょうど一年が経ちました。
 ひと区切りつくまで書き続けられて、本当に嬉しいです。
 読者の皆様が、ルカを応援してくださったおかげだと思います。
 (私の小説の萌えツボは、BLとしてはちょっと路線が違うみたいなので……。苦笑)
 いつか成長したルカも書いてみたいなぁ……。
 今は可愛らしい狼幼児ですが、きっと成長しても、純情可憐な狼少年に育って、明るく素直で可愛い狼男になるんだろうな。司狼と違って。(笑)
スポンサーサイト
【2011/01/12 22:05】 | セシル文庫 著書 | トラックバック(0) | コメント(0)
シャッターがつきました
 今日は朝から三和シャッターさんも来て、床の工事音とシャッターの取り壊し音が響いていました。
 夜六時に工務店の方が撤収するとき、シャッター用の屋外コンセントの鍵と、シャッターのリモコンを渡され、使い方を説明されたんですが。やっぱ、スイッチ一つで上げ下げできる電動シャッターっていいなぁ……。
 今までは、商店用の手動シャッターで、上げ下げするのに力とコツと身長がいるから、軟弱なチビッコの私が動かそうとしても、ビクともしなかったのでござるよ。
 だから開けたことなかったんだけど。
 ここからイベント搬入できたらどんなに楽だろうかって、セラムン同人誌やってた頃からずっと思ってた。
 ようやく長年の夢だった電動シャッターに替えることができました! すげー嬉しい! 
 おかげで、これからはこの部屋の土間を灯油置き場にできるから、玄関も広くなるし。(灯油泥棒が出てから玄関に灯油タンクを置くようになって、美観も損なうし、ずっと困ってたんですよ。外に鍵付きの物置を買うったって、軟弱な温室育ちだから、一度室内で給油できる便利さを味わったら、もう外置きできない…)
 玄関や土間の掃除道具入れも置けるし。(ずっとたたきを楽に拭き掃除できる回転モップが欲しかった。でも、収納場所がないから買えなかった。笑)
 キッチンに置いている破砕ゴミとか、資源ゴミとかのゴミ箱も、たまにこの部屋に仮置きしていた、ゴミ収集が休みであふれかえった可燃ゴミや、収集日まで仮置きしていた粗大ゴミとかも、ここから出しに行けるから、すげー便利になるよ~。

 暗かったから、外からはまだシャッターちゃんと見てないんですが、やはり内側から見ると、鎧戸タイプの雨戸より圧迫感があって色気ないなぁ。
 出入り口の窓ガラスを曇りガラスに変える予定なんですが、せっかくカーテンレールがついているので、レースカーテンかドレープカーテンをかけようと思って、延々悩んだんだけど。
 元店舗だから通りに面していて、うっかり開けていると玄関と間違われそうなんで、私が出入りするときと、大きな宅配荷物を搬入出するときと、明るくしたいときしかシャッター上げるつもりないし。
 勝手口として使う予定の土間だから、白いカーテンだと汚れが目立ちそうだし。
 腰高窓はカーテンレールを二重に変えて、レースカーテンと蓄光タイプの星座が浮かび上がる、青地の星のドレープカーテンに決めていたから、内側からシャッターを隠すために、タペストリー感覚でおそろいのドレープカーテンにしたんですけど。それで正解だったと思うよ。いくら曇りガラスでも、間近にあればなんとなく見えちゃうもんねぇ。

 まだ完全に施工されてはいないようですが、昨日までは基礎や捨板が剥き出しだった床に、仕上げ材が載っていました。完成するのが楽しみです~。
 ちなみに、セシル文庫の見本誌発送の連絡と表紙画像が届いていたので、近日中に新刊情報もアップしますね。
【2011/01/11 23:16】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
にらめっこ
 8日9日は、延々家計簿とにらめっこ。
 帳簿上の現金残高が、かなり前からマイナスになっていたんですが。
 てっきり口座から引き出した額をつけていなかったからだと思っていたのに、引き出したお金や御佛前とかの雑収入を記入しても、やっぱりマイナスのまま。
 もともと小銭はちゃんと数えてなかったから、ある程度実際の金額のほうが多くて当たり前なんだけど。いくらなんでも、帳簿上と実際の金額の差が大きすぎるよ。
 帳簿のほうが多いなら、領収証をなくしたか、もともとレシートもない支出をメモし忘れたんだろうけど……。
 考えられるのは、二重に支出を記入したか、雑収入の記載漏れ?
 どこか間違ってないか頭から、つまり2009年2月からチェックしたんですが、やっぱり判らない。 
 もしかして……家計簿をつけ始めたときに、葬儀費用の残りを足し忘れていたのかなぁ?
 判らんもんをいつまでもチェックしててもキリがないんで、最初に金額を間違えたんだということにして、家計簿を修正することにしました。
  
 私が家計簿を付け始めたのは、父の死後二ヶ月くらい経ってからなんですよ。
 ちょうど四十九日が終わって、ブロック塀と車の修理や、葬儀屋さんへの支払いや、墓の継承手続きとかでバタバタしていたときでした。
 それまでは、生活費を几帳面にチェックするなんて面倒だから、家族でお金を出し合った財布を別にして、月々みんな同じ額を入れて、支出が多くて足りなかったら、誰かが追加で出していたですよ。
 でも、世帯主が亡くなって、これから年間どれだけ税金を払うことになるのかまるで判らなかったし。
 四十九日の前、アレルギーと疲労でヨレてた私は、姉の車と私の車を入れ替えたときに自宅の塀に車をぶつけて、塀と車の修理で大散財して(あのとき自分は無傷だったのは奇跡かも)。もう後ろ盾になってくれる父はいないんだと思ったら、いろんな意味で不安になっちゃって……。
 どれだけあったら今まで通り暮らしていけるのか。トラブルが起きた時に出せるお金を、いくら用意しておけばいいのか知るために、「とにかくお金の流れを把握しなくちゃ」と思って、付け始めたわけです。
 といっても、原稿が切羽詰まっていると家計簿どころじゃないんで、何カ月も経ってから、まとめてレシートや出金メモをつけたりして、結構いい加減……。
 ちゃんと家計簿をつけてやりくりしている主婦の人ってすごいなぁ。
 私も、もっとキッチリしないとダメだよねぇ。

 確定申告で提出する書類も、二枚足りなくて、あちこち探し回りましたよ。
 日付からして、春にリビングと西の部屋の床を直してリフォームしたときだから、心当たりの荷物を全部掘り返していったら見つかりましたけど。
 実はまだ、春のリフォーム後の片付けが若干終わってない上に、倉庫部屋の荷物をいろんな部屋に置きまくっているので、どこに何があるんだかすぐには判らないありさまで……。
 この上、ヘルパーさんに二階に上げた荷物とかを、リフォームした元店舗に戻してもらったりしたら、ますます何がどこにあるのか判らなくなっちゃうよ~。
 どれがいつの荷物か覚えている今のうちに探しておかないと、原稿UPして申告書類を作成するとき大変だから、必要な書類を整理して、ひとつにまとめておきました。ようやく一段落です。

 そろそろ仕事もしないとな~。
 新作のプロットは、絵描きさんが決まってから、リクエストされた3パターンのうち、イメージが合うものを書こうと思っていたのですが。
 最初はB案寄りで、B案かC案に心が揺れていたんだけど。年末にとある番組を見て、やっぱりA案が書きたいような気分になっています。
 まあ……B案は調べ物が多くなるから、リフォームでバタバタしているこの時期に書くのは大変だよねぇ。
 週明けにメールが来ていなかったら、A案でプロット練り始めようかなぁ。

 住宅地なので日曜日は休みでしたが、今日は祝日なのに、リフォーム工事に来てくれています。
 外は暗くなりました。午後6時近いので、そろそろ後片付けを始めたようです。
 明日はシャッターを外して取り替えるので、かなり騒音が出るらしいです。
 隣の部屋や表の庭から断続的に鋸の音が響いていた今日より騒音が激しいとなると、考え事するのは無理かも。日中は雑用かな。
【2011/01/10 17:42】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
リフォーム工事開始
 今日からリビングの隣の倉庫部屋のリフォーム工事が始まりました。
 私は昨日水切りした花の写真を撮ったり、洗濯したり、領収書の整理をしたりしています。
 
 玄関のニッチに飾っている正月アレンジメントは少し短くなり、数枚葉ボタンの葉が落ちましたが、それほど大きな変化はありません。南天に葉ボタンを埋めるようにして調節したくらい?
1/7玄関ニッチ

 床の間も全体的に短くなり、花つきの枝の節が固くて斜めにさせなかったくらいで、大きな変化はありません。
1/7和室床の間

 12月3日に活けた鏡台の花は、一か月以上経ってずいぶんさみしくなりましたが、まだ咲いています。
 最後の一輪となったトルコギキョウは、つぼみだった花です。
1/7和室鏡台

 リビングとキッチンに活けた花は(部屋が暖かいので)ほとんど枯れて、これは主に鏡台に活けていた花の中から、茎が短くなったものを集めています。
1/7リビング

 洗面所の花も、枯れてきたものを間引きして、ちょっとボリュームダウンしました。
1/7洗面所

 前回撮り忘れていた洗面所の隣の棚の、茎が弱って首が折れたり、茎が傷んで短くなった花の寄せ集めも、最後に咲いた百合がついに枯れてしまいました。
1/7洗面所の棚

 でも、一か月以上咲いてるなんて、切花延命剤の力ってすごいよね。
 仏壇の花も、正月の間に水が亡くなって萎れていたんですけど、水切りして新しい延命剤入りの水に替えておいたら、だんだんシャキンとしてきて、復活しました。

【2011/01/07 16:02】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
年賀状出しました
 年明け2日・3日はあまり体調がよろしくないので、正月番組をBGMに、去年の8月から溜め込んでいたレシートを引っ張り出して家計簿をつけ、4日に診療が始まったので病院に行ってきました。
 おねーたまが私に買い取ってほしいと言っていたハガキ、暮れ正月は忙しくて荷造りする暇がなかったとかで、これから荷造りするのを待っていたら正月が終わってしまうので、出かけたついでに年賀はがきを買ってきました。(出していない人がいたので10枚弱余っただけらしく、どのみち足りませんしね)
 4日の午後は、工事のためにヘルパーさんに来てもらう日を繰り上げて、年末にコタツをどかして掃除できなかったリビングと、手つかずのお風呂場を掃除してもらいました。
 5日からリビングの隣の元店舗だった倉庫部屋の工事が始まり、大型の陳列棚と、作りつけのショーカウンターショーケースを取り壊してもらいました。
 今日は取り壊し&撤去作業だけで、実際のリフォーム工事は7日からです。

 5日から接骨院の診療も始まるので、夜は久々に接骨院へ行きました。
 5日の夜と6日の接骨院帰りに、年賀状をいただいた方からの分だけ、全部出しています。
 松の内までに届くかな。
 無理でも鏡開きか小正月までにはとどいているはず……。

 例年は、出版社宛にお手紙いただいた方にも年賀状を出しているのですが、正月早々、筆王を入れているPCのプリンターが壊れちゃって、全部手書きしないといけないし。年賀状の準備が遅れてしまったので、今年は寒中見舞いを兼ねたペーパーを送るだけになっちゃいます。申し訳ありません。

 7日から工事で、日中は家をあけられなくなるので、6日は午前中に滑り込みで接骨院へ行って、あれこれ買い物してから帰りましたよ。
【2011/01/06 21:22】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
あけましておめでとうございます。
 今年の元旦は、久しぶりにちゃんとお節料理を用意しました。
 といっても、出来合いですけど。
 一番上のお重は、栗きんとんと煮豆。甘い系です。
 左上はたたきごぼう。ほんのり酸味があって、柔らかくて美味し。
 右上は酢レンコン。
 左下は千枚漬。
 真ん中は数の子。普通のと明太子味。食べるときにおかかをまぶします。
 右下はイカ松葉(初めて買ったけど、柔らかくてンまいわ)と、飾りかまぼこ。
 一番下のお盆は、正月用の取り皿とお雑煮です。
 ちなみに食器はすべて、亡くなった母のコレクションですなり。
 雑煮の蓋、伏せて写せば雑煮の器の柄もお見せできたのに、うっかりしてました。
御節1

 ちなみに飾かまぼこは、定番の松竹梅と、今年初めて年越しそば用に買った「ゆく年くる年」。
 いつもは「鶴亀」と「寿」なんですが、虎ちゃんとウサちゃんの愛らしさにヤられました。
 昨日は夕方近くまでしんどくてゴロゴロ寝ていたので、年内に風呂を済ませるためにバタバタしちゃって、晩御飯の年越し蕎麦は写真撮り損ねたですよ。
 なので、飾かまぼこ入りのお重だけズームアップ!
御節2

 お雑煮は、うちは具だくさんのしょうゆ仕立てです。
 だいたい入れるのは、焼いた餅・白カブ・春菊・鮭・ブリ・ホタテ・車海老・赤貝・飾かまぼこなんですが。
 今年はパック売りしていた鍋材料の海の幸(鯛らしき皮の魚・鮭・ブリらしき雰囲気の魚・ホタテ・頭がない海老)を使いました。
(みーくんが大喜びした車海老を使う場合は、真ん中にバーンと尾頭付きの海老を飾り、蓋をして出します)
御節3

 起きた時には昼過ぎだったので、これはお昼ごはんです。
 今日は一日、11月22日からの日記を書いて過ごしました。

 実は年賀状、まだ書いていません。
 去年おねーたまが、「年賀はがき、切手のところがくまのぷーさんのを買って、こんなの仕事関係の相手に出せるか!って旦那ちゃんに怒られた。買い取ってくれない?」と言われたですよ。
 ちょうど荷物送るついでがあるから一緒に送ると言っていたけど、まだ荷物届いてないよ?
 明日電話して、どうなっているのか聞いてみようと思います。
【2011/01/01 23:59】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。