桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
火龍の宝玉
火龍の宝玉
セシル文庫 (2011年5月19日発売!)
早いところだと16日または17日くらいに書店に並んでいるかもしれません。

 今回は、新作書き下ろしの、ヤクザ攻×ヘアスタイリスト受です。


あらすじ
 
 和泉真幸は有名ヘアサロンで異例の早さで昇格テストに合格してきた人気スタイリスト。
 その才能をうらやむ同僚も多く、困っていたところ、尊敬する先輩から独立しての美容室の共同経営を持ちかけられた。
 だがそれは巧妙に仕組まれた罠で、真幸は失業した上、多額の借金まで背負わされてしまう。
 借金のカタにヤクザの愛人にされてしまう真幸だったが!?
 
 
 あとがきにも書いていますが、今回はハードな修羅場が続きました。
 昨年怪我しまくって、倉庫部屋を片付けるのに時間がかかって、1月に倉庫部屋と納戸をリフォーム工事したんですが。その後の雑用や、接骨院でもらったきっつい風邪で何日も寝込んで取りかかりが遅れた上に、季節柄体調を崩して寝込むことが多かったし。
 さーて、真幸をどうやってだまそうかなーと思いながら、いろいろ下調べしていたら、四年分の時系列設定の箱書きに時間がかかっちゃいまして。(苦笑)
 修羅場の最中に大地震が起こって、送ったあとでロケーションとか、いろいろ変わって来ちゃったんで、悩んだ末、一年前に設定を変更して、校正の段階でかなり加筆修正したので、校正でも初めて修羅場を経験しましたが。
(イラスト指定の向きを変えないように、増減するなら2ページ単位でやっていたので、調整が結構タイヘン)
 少しでもいい仕上がりになるよう、重箱の隅をつつきながら、ギリギリまで粘りました。
  
 ちなみに、ワタシのシュミが思いっきり出ちゃって、鷹羽は●●●フェチです。
 本文を読めば判ると思いますが、伏字の中には、カタカナ三文字か、漢字にすると二文字の単語が入ります。
 執筆中、「同人誌やってたら、子分視点の子ネタとか書いて遊べたのになー」と思いながら、真幸の恥ずかしい姿を思い浮かべて、いろいろ妄想してました。
 (イベント参加していた頃は、年に3~5回、イベント合わせでショートストーリー入りの両面印刷ペーパーを作っていたんですが、印刷すると、300枚・500枚・1000枚単位で作ることになっちゃうんで、今はときどき片面コピーで商業誌情報のみのペーパーを作っているだけなんですよ)
 もう一人、妄想炸裂していたのが、田翔太さんのイメージで書いていた秋月です。
 あとがきにも書きましたが、プロット段階では、ヤクザ攻をリクエストされて、提案したA設定のヤクザが鷹羽で、B設定のヤクザが秋月。B-4設定の受が真幸でした。(受はAB合わせて7種類出しました)
 せっかくだから、B設定のヤクザを懐刀の舎弟頭に据えて、どういう生まれで、どういう経緯で鷹羽の舎弟になったか考えているうちに、私の脳ミソの中で、本編には出てこなかった鷹羽興業の若頭に惚れられて、つれなくしたり、手玉に取ったり、女王様然と振り回してくれて、思わず身悶えたくなるほど秋月に夢中でしたよ。

 最初に送ってもらった真幸と鷹羽のキャララフを見て、すんごいイメージ通りだったので、本ができるのが楽しみでした。

 私の本って、たいてい口絵がBLとは思えないほど、可愛くほのぼのしていることが多いんですが。(笑)
 今回は、3回目の濡れ場でございます。
 本文イラストも、すごくきれいです。
 どれも素敵なんですが、私的には、濡れ場のシーンは、143Pが臨場感あって、一番気に入っています。
 濡れ場以外では、63Pのイジワルげに笑っている鷹羽とか。
 176Pの鷹羽のドヤ顔とか。
 238Pの、真幸を乗せて喜んでる鷹羽の顔が、「そう。こんなヤツだよ、こいつ!!!」って感じで、たまりません。
 (238Pは、乗ってる真幸の嬉し恥ずかし感も、いい感じに出ていてお気に入りです)
 美人の真幸もイメージ通りですが、特に鷹羽が、これ以上ないくらいピッタリなんですよ。

 真幸が全身コーディネートした女の子二人も、イメージ通りです。
 最近盛り髪が流行ってるんで、執筆中、どんなヘアスタイルにするか、カタログを見て考えながら、「あーっ、これカワイイ! どうやって盛ってるんだろう。ワタシもやってみたい~」とか思ってましたよ。
 ワタシ、ケガとかしてなかった若い頃は、毎日違う髪型に結って遊んでたんです。体、すげーやわらかかったので。(結構タコ女で、前後左右に180度股裂きできたし。前屈は床に手をついて肘曲げられたし。うつ伏せの上体起こしは測定する先生が持ってたものさしでは計れなかったし。背中で握手できたし。右腕を首の前から後ろに回して右耳つかめたし。左脚を右肩に掛けられたし。反対ももちろんできた)
 自分がやり方考えて結った仕上がりを見て悦に入りたいだけなので、別に自分の髪じゃなくてもいいんだけど。
 ねーちゃんが嫁に行って、気が向いたときに頭貸してくれる人いないんで、髪結って遊べなくなりました。
 でも、これどーやってんのかなーと思いながら見るのは好きなので、楽しかったです。

 ちなみに黒岩は、ワタシが思い描いていたのより、か~な~り~オトコマエでした。(笑)
 ラフ画では、顔に傷がなくて、ちょっとオーズの伊達さんに似ていました。
 老け顔の強面で、たくましい母ちゃん系の、ガタイのいいブオトコのつもりだったんで、「もっとゴツくて恐い老け顔にしてください」って、いじってもらったんです。
 秋月は田翔太さんのイメージだったんで、サンプル画像を見せられたんですが。
 黒岩は、悪役俳優にもプロレスラーにも、似たようなタイプがいなくて。
 仕方なく、犬の画像を数枚送って、「イメージしていたのはこんな感じ。これと思う人間の写真がなかったので、どういうタイプにするかはお任せします。とにかくもっと老け顔で、いかつくて、女の人にモテそうにない顔にしてください」といった内容のメールを送ったら、こういう仕上がりになっていました。
 BLなのに、わざわざブオトコにしてほしいとか、モデル代わりに犬の画像を送っちゃう無体な作家は、わたしくらいかもしれませんね~。
(そういえばツヨシくんも、「もっと太くて不細工で可愛くない子にしてください」ってダメだししたなぁ……)
 黒岩は、外見に似合わず、なかなか純情で家庭的な男なので、本文イラストのビジュアルでも、ゴツイ顔のオヤジが好きな人なら、「黒岩さんステキ~」とか思う女性もいそうな感じです。 
 イラストには出てきませんが、下っ端の若衆・大地と信吾もお気に入りです。
 ちなみに、若頭が秋月の下僕一号。黒岩が下僕二号。信吾が下僕三号です。(黒岩と信吾は、下僕扱いされて困っていると思いますが……笑)
スポンサーサイト
【2011/05/13 16:48】 | セシル文庫 著書 | トラックバック(0) | コメント(0)
ご無沙汰しています。その2
 4月29日の日記の続きです。文章長いので、2回に分けることにしました。

 さて。4月最後の週に、ゴミステーションの掃除当番が回ってきていたんですが。
 連休初日の4月29日、プラスチックゴミの日に、回収してもらえなかったゴミが、ポリ袋二つほど残されていました。
「くそー、わたし今日ゴミ出してないのに、なんで他人のゴミをほどいて分別しなきゃならんのよ」とか思いながら、せっせと分別しましたよ。

 ちなみにこの辺りでは、プラスチックゴミは、外装パッケージと、きれいに洗ったペットボトルとプラスチックトレーなどを回収して、商品プラスチックや、温めて汚れがこびりついた弁当惣菜トレーや、お菓子の個々包装やチューブなどの汚れが取れにくいものなんかは、可燃ゴミで出すことになっているのです。
 ゴミ捨てのマナーが悪いから、規制が緩くなったんだと、自治体の人は言っていましたが。
 確かにマナーが悪いんですが。
 ある筋から聞いた話では、「この辺りは可燃ごみを某社の燃料にしていて、ある程度プラスチックが入っているほうがよく燃えるから、規制が緩んだ」というのが真相らしいです。
 ついでに言うと、「実はプラスチックゴミ、このへんではペットボトル以外は市で集めていないから、本当にリサイクルしたいなら、プラスチックトレーはスーパーの回収ボックスに持っていかないといけないんだ」という裏事情まで聞いた日には、せっせと洗ってシールを剥がしたり、朝徹夜でゴミを捨てたり、睡眠時間を削って起きたりしていた我が身がバカみたいに思えました。
  
 脱線しましたが。きつ~く何重にも縛られてほどくのが大変だったゴミ袋の中には、食い散かした状態で洗っていない弁当の残骸、洗ってないペットボトル、割り箸やアイスかなんかの木の棒や、紙ゴミ、フィギュアやオモチャなどの商品プラスチック、金属を含むミニカー、アクセサリー、せともの、ガラス、ビン、カンといった、全種混合ゴミで。
 とどめに、電源が入る携帯電話まで入ってましたよ。これって、バッテリー入ってるってことだよね。市では収拾してないゴミじゃん。
 ちなみに、「ゆーじくんナントカカントカ」書いてあるのが見えました。人のメールを盗み見する趣味はないんで、内容は読んでませんが。
 一瞬オーナーのデータとか、アドレスを見てやろうかとも思ったんですが、もしデータが残っていて、どこの家のゴミがわかったら、恨みそうなので、それもやめておきました。 
 ゴミを三つに分類してマジックで何ごみか書いて、携帯だけはよくわからないので上のほうに吊るしてさらし者にして、「腰が痛いなー」と思いながら、次の当番に掃除道具を持って行って。
 さあ、おうちに帰ろうと右足を踏み出した瞬間、腰がギクッと……。
 そりゃーぎっくり腰にもなるよねぇ。夕方五時過ぎに掃除に出かけて、家に帰って、手洗いうがいして服を着替えて、「さあ、ごはん食べよう」と思ったときには、もう八時過ぎてたもん。
 途中でゴミ袋やら、マーカーやら取りに帰ったりしたけど、一昨年からまた体幹部のケガを繰り返していた身で、三時間近くしゃがみ仕事していたわけだから。
 ここしばらく調子よかったのに、坐骨神経痛もセットで出ちゃって、痛くて夜寝られなくて、あれからすっかり昼寝・夜型生活に変わってしまいましたよ。
 よろよろ歩いていたら転んで、右肩と左肘も痛めたし。
 連休、接骨院は休みだし。
 鎮痛剤にアレルギー起こすから、病院でもらった頭痛薬くらいしか飲める痛み止めがないし。
 しょうがないから、ダラダラ寝て過ごしました。
 幸い、調理して冷凍しているオカズやパンやご飯、インスタントのご飯やふりかけ類、ペットボトル、各種茶葉に粉末飲料、お菓子、日用雑貨などは、いつ修羅場になってお篭りしてもいいように常備しているんで、少なくとも二週間は外出しなくても暮らせるからよかったよ。
 連休明けて接骨院で「もう踏んだり蹴ったりでしたよ」と事情を話すと、「いや、それは踏んだり蹴ったり叩いたりまでいってますよ」と言われました。
 左肘は、痛くて内側に捻れないだけで、曲げ伸ばしはできる軽症なんですが。
 右肩は鎖骨の下の大胸筋と、僧帽筋が腫れちゃって、結構ひどいです。
 45度以下なら、脇を締めていればなんとか前後に動かせるけど、脇を開くと息を呑んでフリーズするほど痛むので、しばらくはシャワー浴びて、脇の隙間に手を突っ込んで洗うだけで、歯を食いしばってても悲鳴を上げていましたから。
 連休明けに風邪を引いて発熱して、薬飲んだら三時間はボーッとして眠いし。
(最初は座ったままフッと意識なくしたんで、肩も痛いし、薬が切れたらスッと目が覚めるんで、素直に寝ることにしました)
 なるべく安静にして、接骨院で電気治療と、マイクロカレントと、超音波をかけてもらって、先生にマッサージしてもらっていたら、今は歯を食いしばらなくても脇を洗える程度に開くことができるようになりました。
 でも、右手でキーボードを打っていると、動きによっては肩に響くんで、また当分接骨院通いが続きそうです。
 去年は何度も腰がギックリいったり、肋骨打ったり、掃除中に肩と背中を痛めたりして、内科と合わせて一人で26万以上医療費使ってたんですよねー。
 ひどいときは朝・夕・深夜・一日三回も病院に連れてってもらいながら通学していた学生時代ならともかく、成人してから、こんなに医療費使ったの初めてですよ。
 今年はもう、ケガはこれっきりにして、せめてその半分に抑えたいです。
 まー、ここ数年、介助がなければ着替えもできないようなひどい状態にはなっていないんで、それだけが救いですが。
【2011/05/12 16:53】 | 日記 | トラックバック(1) | コメント(0)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。