FC2ブログ
桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
萩旅行1日目
 今日、1人で西へ旅立ちました。
 日盤は、大凶ではないけど凶方位なので、せめて時盤だけでも吉方位に……と思ったけど、午前四時台じゃないとダメだった。
 そんな時間に電車はないよ。
 というわけで、せめて新山口から萩へ移動するとき、時盤が吉方位になるよう出発。
 徹夜で荷造りしていたので、新幹線の中でも、バスの中でも寝ていました。
 本当はバスカードを使ってバスに乗るつもりだったんだけど、その日はたまたま新山口駅のバスの切符売り場がお休みで、バスカードは買えませんでした。
 バス移動で萩に着いたら、ケーキが美味しい喫茶店でお茶しようと思っていたんですが、荷物を預けたとき観光案内所で聞いたら、行くつもりだった喫茶店は、残念なことに店を閉めていた。ガーン……。
 違う喫茶店を教えてもらって行ってみたら、スイーツはなかったけど、ケチャップのオムライスがあったので、一応現地で食事できました。
 東萩駅で時間をつぶして、旅館の車で迎えに来てもらいました。
 一日目に泊まったのは萩小町。
 すんごい素敵な大岩風呂があるので、ぜひ入ってみたくて選んだ宿です。

 旅館が迷子になるほど広くて、廊下がギャラリーになっていて、ショーケースの中に着物を着たウサギの人形とか、リカちゃんの着せ替え人形セットとか、萩焼の瀬戸物とか、帆船とか、所狭しと飾ってあるし。
 ところどころ、水車みたいなのとか。
萩小町
「金いくらでお譲りします」と書いてある鎧兜とか。
萩小町
 日本刀や編み笠といった展示物もあるですよ。
萩小町
 階段が多くて、膝が痛くてカニ歩きか、一段ずつ両足を下ろさないといけないからキツかったけど、廊下を歩くだけでも楽しかったです。
 案内されたお部屋は、「多分ランクアップしてくれたんじゃないかな?」と思うほど広かったです。
 次の間の脇にトイレとバスルームがあって、奥にこんな感じの本間がありました。
萩小町
↑床の間
萩小町
 ↑座敷
萩小町
 ↑本間の奥の展望応接スペース
萩小町
 カーテンを開くと越ケ浜の絶景が広がっています。
萩小町
 事前に「禁煙ルームはありません。できる限り消臭しますが……」と連絡が来て、「大丈夫かな」と不安でしたが。
 次の間と本間は全然問題ありませんでした。
 展望スペースは、なんかイガラっぽかったんですが、異臭に気づいてエアコンを切れば問題なかったです。
 冷暖房が必要な時期だときついけど、私、真夏じゃないと冷房入れないから、この時期の宿泊でよかった。
 しかも、梅雨時でお客さんが少ない時期だからか、直前割で十大特典付き。
 タダでオプションサービスが利用できるんです!
 私はそのうち、Wiiの太鼓の達人、低温岩盤浴、カラオケを利用することに決定。
 太鼓の達人で遊んだあと、岩盤浴して、大岩風呂に入って、ご飯を食べて、カラオケして、露天風呂に入りました。
 初めて岩盤浴を利用したんですが、サウナと違って暑くなりすぎず、気持ちよかったです。
 温めすぎると膝が痛かったんですが、膝を浮かせておけば問題なかったし。
 楽しみにしていた大岩風呂も、すんごい立派ないい風呂でした!!!
 ご飯もおいしかった!
 私は甘草アレルギーで、調味料に甘草が使われていると食べられないんです。
 萩小町では甘草を使った醤油を使用しているようで。
 生か、塩で煮炊きした料理に、あとから旅館で出してくれた塩かマヨネーズ、持ち込みの醤油かソースで味をつけて食べる方向で対応してくれました。
 食事処も展望ルームになっていて、曇りじゃなければ、夕日がとてもきれいだと思います。
 食後は1人カラオケしたんですが、カラオケルームで仕事のメールが来ていたので、返信してから、数曲歌って、露天風呂に入りました。
  フロントで、「大岩風呂と露天風呂、先にどっちに入るのがお勧めですか?」と聞いたら、「露天風呂があとのほうがいいと思います」って言われたので、あとで露天風呂に入ることにしたんですが。
 海に面した露天風呂、すごく見晴らしがいいです!!!
 ほかにも無料で利用できるサービスがたくさんあったんですが、初日は夜11時前に部屋へ戻って寝ないといけないし。
 徹夜で旅支度をしたので疲れていたので、部屋へ戻って寝ました。 
スポンサーサイト
【2014/06/23 22:50】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<萩旅行2日目 | ホーム | 微妙にツイてない……>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rays26.blog114.fc2.com/tb.php/524-916c0785
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。