FC2ブログ
桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
畳屋さんが来ました
 15日の夕方業者さんが帰ってから、なんか息苦しくてしんどいから、リビングのコタツで昼寝したんですが。
 昼寝から起きて廊下に出たら、むぅ~んと和室から異臭が……!
 夜が更けるにつれて、どんどん異臭が強くなって、喘息発作が出ちゃいました。
 薬を飲んで二階の寝室で寝たら、翌朝には落ち着いていましたが。
 どうやら底板に、国産松が使われていたようで。
 ネットで調べてみると、木材にも2パーセントくらい精油成分が含まれているそうですね。
 今までも一番底の補強用の板には同じ素材を使っていたらしいので、一みょ昨年まで毎年年明けから春先くらいに床の補修工事をして、「花粉症デビューしちゃった!」と思い込んでいた原因は、建築用の松の板アレルギーでした!!!
 畳で覆えばずいぶん違うらしいし、二ヶ月くらい換気すれば匂いは飛ぶそうです。
 15日はカットした板を載せているだけで、和室に入ると危ない状態だったので、業者さんが窓を閉めて帰りましたが、「今日は雨戸を閉めて、窓を開けて帰ります。夜寝る頃には、もう窓を閉めに入っても大丈夫です」ということでした。
 寝ている間以外はずっと換気しているので、15日より昨日、今日のほうがずいぶんマシですが、和室の前を通るたびに異臭で呼吸器の調子が悪くなる……。
 七月に工事するか、九月十月に工事するか、ずっと迷っていたけど、今のうちにやっておいてよかった。
 九月は台風が多いし、10月は風邪が流行り始めるし、気温が急に下がるから体調をくずしやすいので、夕方には窓を閉めないといけないのに。晩秋から初冬までとなると、換気してもしなくても、確実に体調を崩すところでした。
 業者さんに電話して、今月中に工事と和室の復旧を終わらせることになったのは、隣家から庭木の件で苦情が来たからなので、お隣さんに感謝しないと。
 ちなみに今日は畳屋さんが来て、和室の測量をしました。
 アパートとかは同じ規格で作られているけど、注文住宅の一軒家はまっすぐ建てるわけじゃないので、きっちり計測して、補強板を上張りした分薄い畳を作るんだそうです。
 まあ、もともとの畳は、通常より厚めの畳だったみたいで、畳自体がすごく薄いわけでもなさそうですが。
 畳で松の板を覆ってしまえばずいぶん臭気が違うらしいので、畳ができるのが待ち遠しいです。
 
スポンサーサイト
【2014/07/17 16:50】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
<<ずっとアレルギーでヨレヨレでした | ホーム | 氷スイカ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rays26.blog114.fc2.com/tb.php/547-5830dad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。