桑原伶依企画
小説家・桑原伶依のブログです。 日記・商業誌&同人誌情報・イベント参加予定・同人誌通販状況・ホームページ更新状況などを書き込んでいきます。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告
コミック火龍の宝玉
コミック火龍の宝玉

火龍の宝玉のコミックが、今日届きました。
ステキなコミックになって感激です。
書店特典用のポストカードも、とてもきれいで嬉しいです。
全プレ用の黒岩視点の小ネタの執筆、頑張ります。
【2015/09/26 23:23】 | コミカライズ | トラックバック(0) | コメント(0)
韓国版ベビーシッター
8月から、韓国版のベビーシッターシリーズが配信されています。

8月10日から配信【ベビーシッターと不埒なご主人様】
韓国版ベビーシッターと不埒なご主人様

9月10日から配信【ベビーシッターと淫らなご主人様】
韓国版ベビーシッターと淫らなご主人様

「淫らなご主人様」は、直訳すると「エロいご主人様」だそうです。(笑)

新刊のほうは書いては謎の感染症を繰り返して中断し、書いては中断しています。すみません。
朝は体が浮腫んで手足が硬直してなかなか起きられないんですが、日中は食後に広範囲でドドドドいったり、ときどき下肢が痺れる程度で、凭れかからなくても座っていられるようになりました。
風邪症状そのものは比較的軽いので、これからまた頑張ります。
【2015/09/12 03:30】 | セシル文庫 著書 | トラックバック(0) | コメント(0)
夏風邪もらってました
お盆法要に来たリオねーたまが帰ったあと、疲れて二日寝込んでしまい、だるい体に鞭打ってどーにかこーにか原稿をアップしたんですが。
 12日の夜に風邪症状が出始め、お盆休みは寝込んでいました。
 ほぼ間違いなく、水族館でお子様から風邪をもらってしまったようで。
 風邪症状がやや落ち着いてきた頃に立ちくらみがして、それからまた体がドドドドいい出して、視界が揺れたり、眩暈がしたりしはじめたんです。
 全身が浮腫んで痺れて、筋肉がこわばって全中痛いし。
 特に痛い場所が、頭→首から背中→咽喉→胸→腹→下肢と移動していきました。
 体に力が入らなくて、立ち上がるのも歩くのも、すごく力を振り絞らないと困難です。
 盆明け初日は豪雨だったので、翌18日にタクシーで病院へ行きました。
 筋肉の痛みも眩暈も絶対感染症だと思っていましたが、やはり抗生剤を飲み始めた翌日から、鎮痛剤がなくても我慢できる痛みになり、ドドドドが治まってきましたよ。

 眼窩が落ちくぼんで青黒かった顔が、最後の抗生剤を飲みきった22日には血色がよくなってきて。
 23日はとても体調がよかったので、寝込んでいた間に散らかしたキッチンやリビングを片づけて、久しぶりに入浴して。

 翌月曜日、台風に備えて、溜め込んでいたゴミを捨てて庭の備品を東の部屋の土間へしまい、食事をして朝の薬を飲んだあと、突然体がガクブル震えだしました。
 まだ夏なのに、ババシャツとTシャツとハイネックシャツとカーディガンを着てもまだ寒いので、マントとカイロを出しましたよ。
 全身激しくドドドドいって、後頭部から背中、顎や咽喉からみぞおちまでの筋肉がブルブル震えて歯の根が合わず、吐き毛がするほど気持ち悪くて。
 フスコデを飲んだときほどじゃないけど、また全身の筋肉の不随意運動が始まったし。
 ときどき咽喉や胸の筋肉がビクビクして、その刺激で噎せて咳きこんだり息が詰まったりするので、背中にクッション入れて、胸郭を開いて顎を高くして横になっていました。
 息苦しくて吸入しても、ガクガクなるので、これはマズイと思って断薬することにしたんですが。
 見てわかるくらいの体の揺れが、次第にドドドドいうさざ波のような体内の振動に変わっていくにつれ、視界の揺れは、後頭部から背中にかけての筋肉が振動しているせいだと判りましたよ。
 体の中にさざ波が起きているような感じがしていたから、てっきり血流かと思っていたけど、筋肉のバイブレーションだったんですね。
 横になっていると全身満遍なくドドドド言うんですが、座っていると腰から下、立っていると膝から下が激しくドドドドいって痺れくるんです。
 座位から立ち上がると、しばらく硬直して足を踏み出すことも、座りなおすこともできなくて、転倒しないように必死で踏ん張ってバランスをとらないといけないんですよ。
 しかも、ひどくピクピク動いていたところがワーッと赤くなって、おもに顔からみぞおちにかけて湿疹ができて、咽喉からお腹までフルコースで風邪症状が再発して。
 九月に入急速に回復し始め、ようやくドドドドが治まったので、4日に風呂に入ったんですが……。

 5日の朝、また派手にドドドド言い出しました。
 今回は体のパーツや筋肉が動いているのが判るほどの不随意運動はなく、ドドドドいう漣のような体内のバイブレーションと、視界の揺れと、ときどき浮き上がるような眩暈と、全身の浮腫みと、筋肉のこわばりと痛みが主な症状で。
 6日から湿疹を伴う微熱が出て、咽喉がざわざわヒリヒリして、熱が下がったら色つきの痰や花が出始め、力が入らなくて便秘していたお腹の具合が悪くなったりして。
 とりあえず、息苦しいのでシムビコートを控えめにして吸入したり、風邪症状を抑えるためにカルボシステインやカロナールを飲んだりしてみました。
 今は使っても大丈夫みたいです。
(さすがにザイザルとテオドールは怖くてまだ保留にしていますが……)
 今日は、起きて洗濯しながら食器を洗う元気が戻りました。

 それにしても、いったいどんな感染症にかかってるんだよ。風邪の前駆症状がキョーレツすぎるよ。
 クラビットが効くのは体験的に判ってるし。
 明日は休みだから、明後日は病院に行こうかなぁ……。
 それとも、このまま放っといても治ってくれるかなぁ……。

 とりあえず、心拍数が上がるようなことをするとぶり返すと判っているので、しばらくバタバタ動きまわったり、入浴したりせず、疲れないように生活します。
【2015/09/11 02:19】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
ペーパー書き下ろしアップしました
  本日、コミック「危険な狼男」の応募者全員プレゼント特製ペーパーの書き下ろしをアップしました!
 コミック危険な狼男
 今ちょうど夏祭りシーズンなので、夏祭りを題材にして、タイトルは「真夏の狼男」です!
 3人の夏のエピソードに、大人の濡れ場を盛り込みました。
 ご応募くださった皆様、ぜひルカの心の叫びを聞いてやってください。(笑)
【2015/08/11 20:35】 | コミカライズ | トラックバック(0) | コメント(0)
久しぶりに街へ行きました
 今日はお盆法要です。
 長姉はこの時期旅館の仕事があるので、毎年双生児の姉と二人でしたが、今はボクちゃんと3人です。
 姉と二人だけなら、忙しければ和室の掃除もお接待の準備も丸投げできたんだけど、今はボクちゃんが泊まる部屋の私物を2階に、キッチンやリビングの危険物を高いところや東の部屋へ避難させないといけないから、お迎え準備が大変です。
 朝9時にお寺さんが来て、法要が終わったあと、お出かけ準備をして、まずは墓参り。
 それから、久しぶりに街へ出かけました。
 リオねーたまが「ローカル線を乗りついで子供を連れて帰るのは大変だけど、土曜日なら旦那ちゃんが広島駅まで迎えに来てくれる」というので、もう一泊することになって。
 家の中で暴れられたら困るので、日中は街中の夏休みイベントに連れていくことにしたんです。
 電話で相談したとき「夏休みから彼岸まで、駅前で幽霊屋敷やってるよ」っていうと、リオねーたまが大乗り気で。
 ボクちゃんも「ユーレイこわくないよー」っていうから、幽霊屋敷へ連れて行ったんですが。
 受付で待っている間、前の人が上げる悲鳴や物音でビビりまくって、ボクちゃんが大泣きし始めたんです。
スタッフ「怖くないよ。イージーモードにしてあげる」
ボクちゃん「ムリ! ぜったいムリ~!」
スタッフ「どうします? 今なら返金しますよ」
りおねー「でも、おかーさん行きたいもん!」
ワタシ「すみません。交代で行ってもいいですか?」
スタッフ「じゃあ、こちらでお子さんをお預かりしますので、お二人で行かれては?」
 というわけで、双生児の姉妹で入ることになったんですが。
ボクちゃん「おかーさん! まって!まって!」
 ボクちゃんが受付のお姉さんにしがみつきながら、追いかけてきました。
 結局、ボクちゃんはなぜかお姉さんにヒシとしがみついたまま、4人でイージーモードの幽霊屋敷に入ったんです。
 イージーモードなので、幽霊役の人は脅かしてくれませんでしたが、いろんな意味で楽しかったです。

 お昼は、比較的アレルギーを起こしにくい、昔よく利用していたイタリアンレストランのランチを食べて、天満屋催事場の水族館に行きました。
 催事場の水族館なのに、ウミガメや子ガメ、サメ、ペリカンとかもいるんですよ。
 バナナを食べるヤシガニの水槽を下からのぞけるコーナーもありました。
 ボクちゃんは、ウミガメでキャッキャしたあと、延々サメのプールで係員のお兄さんに「サメどこに行ったら捕まえられる?」みたいな質問を繰り返していました。
 ペリカンのえさやりをみたあと、今度はナマコ・ヒトデ・ウニを触れるコーナーが気に入ったようで、水槽の中に入れた手を洗ったあと、また水槽にへばりついて触って……の繰り返し。
 ボクちゃんが遊んでいる間に、私はショップを見て回って、記念に海の絵本を買ってあげました。喜んでくれるかのう。
 最後にまた春日公園に寄って、お好み焼きを食べて帰りました。
 私が迂闊に外食できないアレルギー持ちだから、ワンパターンで申し訳ないのぅ。
【2015/08/07 23:43】 | 日記 | トラックバック(0) | コメント(0)
前ページ | ホーム | 次ページ
発売中の商業著書

セシル文庫「お隣の旦那さん」「うちの旦那さん」「俺の旦那さん」「愛しの旦那さん」

桑原伶依

Author:桑原伶依
FC2ブログへようこそ!

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

月別アーカイブ

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。